2006年10月20日

はじめまして、4ヶ月のHくん    洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

4ヶ月のHくんがお母様とみえました。
初めてのお客様です。
近くに越していらしたばかりとのこと。
目のはっきりとした、反応の素敵な赤ちゃんです。
お顔の近くで話しかけると、とてもご機嫌で笑いながら、私の指をしっかりと握ってくれます。
木のおしゃぶりを探していらっしゃるとのことだったので、スイスネフ社のドリオをお奨めしました。
お顔の近くで振ってあげると、音に耳をすませながら、色の鮮やかな玉の動きを一生懸命に両目で追います。
4ヶ月では、まだ少し重すぎるかなと思いながも、少し手にドリオを近付けてあげると、 ちょっと躊躇してから、やがて黄色い玉をしっかりと握り、そのうちに握り手のところをご自分でもって振り始めました。
玉の触れ合う音が楽しいようで、何度も何度も様々な角度に動かしては、嬉しそうに足もばたばたと力強く動かして、たくさん運動ができました。
これからこのドリオは、Hくんのガラガラ、おしゃぶり、そして歯固めとして大いに活躍することでしょう。

それから、ほるぷこども図書館のめだかコースの絵本を読みました。
『ばいばい』を読んであげると、きりんさんが気に入ったようで、ページを閉じるとご機嫌斜め。きりんさんのページにもどると、ニコニコするのです。
それから『あかちゃん1.2.3.』を読んでみると、私が数をかぞえるたびに飛び切りの笑顔をみせてくれました。
『しろくまちゃんのほっとけーき』もお気に入りでした。

赤ちゃんは4ヶ月になると、声にも動きにも絵本にも良く反応してくれて、一緒にたくさん遊べます。
普段お母さんからたくさん話しかけられている赤ちゃんの反応、表情は、驚くほど豊かで生き生きしています。
表情の豊かさが嬉しくて、さらに話しかけると、赤ちゃんはますます表情が豊かになってきて、その相乗効果は高まるばかりです。
逆にこの数年気になっていたことですが、街中で見かける、携帯電話やメールにすっかり気をとられたお母さんに片手で押されているベビーカーのなかにいる赤ちゃんたちの表情は、いつも物悲しく、生気がないのです。
今朝もそんな赤ちゃんに出会いました。
信号待ちの間、私が見つめると、その赤ちゃんは初めはボーっと私の方を見ていたのですが、やがて、ちょっとぎこちないながらも笑い出したのです。
残念ながらそこで信号が変わってしまいました。
海外に出かけて戻ってくるつど、東京の街を行く若い人たちに表情が無くなっていることに気付かされてショックを受けますが、ニューヨークから年に1、2回戻ってくる友人は、その度合いが毎回ひどくなっていると嘆いています。
今では赤ちゃんの中にも無表情な赤ちゃんがいるのです。
昔、表情に乏しい赤ちゃんを見たという記憶はありません。

こんな時代だからこそ、本当に良いおもちゃと絵本が少しでも赤ちゃんを、そしてお母さんや赤ちゃんと係わる大人のことも楽しくさせてくれる道具として必要なのだという思いを強く感じる今日この頃です。

投稿者 chizuko : 01:18

2005年08月26日

2ヶ月の大きな成長!お手伝いもできるようになって   洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

1歳8ヶ月になったRくん、暫らくぶりにお母さまと。
お知り合いの赤ちゃんへのプレゼントを選びに来てくださいました。
Rくんは、2ヶ月会わないうちに、ことばが幾つも出るように。
大好きな色、「赤」も、指を差しながら言えます。動物の名前や鳴き声も、
一生懸命伝えようとしてくれます。

絵本がお好きなお母さまに、日本語と英語の絵本を
毎日たくさん読んでいただいているのだそうです。
世界がどんどん広がっているのを感じます。

英語の歌やストーリーも、じっと聞いていらっしゃるとのこと。
Rくんは、アメリカのイリノイ州で生まれて、6ヶ月のときに帰ってこられたとの事でした。
アメリカでは、お母さまが積極的にRくんを連れて、赤ちゃんのヨガ教室などに参加されていたそうです。
きっと、からだの中に英語のリズムや音がしっかり残っていることでしょう。

2ヶ月の間があっても、ショップのなかの大好きなものは、ちゃんと覚えていてくれました。
友人のIさんに頂いたタイのおみやげのカモとフクロウの木彫りのお人形は、
1歳2ヶ月のときから、大好きです。
今回もしっかりと見つけて握りしめています。
木のおもちゃも、前回遊んだものをどれもちゃんと覚えていました。

image bus.gif

この、お気に入りのおもちゃ、「4人のりのバス」のおにんぎょうは、まだバスから指でつまんで出すことは、出来ませんが、前よりもじっくりと取り組んでいます。

それからクマのシャボン玉を吹いてあげると、何度も指を1本立てて、「もう、1回?」を嬉しそうに
繰り返してくれました。

シャボン玉のリクエストが終わると、突然、バスケットにたくさん入れてあったたシャボン玉の補充液ボトルを、棚にならべはじめました。
棚には数本だけディスプレイしてあったのですが、そこにキチンと何度も何度も往復して、移してくれるのです。
まるで、「シャボン玉、ありがとう」と、いうように。
私が「お手伝い、ありがとう」と、お礼を言うと、それはそれは、飛びっきりの笑顔を見せてくれたのです。
最近は、お母さまのお手伝いが大好きだとか。

そうか、心が豊かに育っているんだな!
コミュニケーションが上手に取れるようになって、気持ちのやりとりが出来ることも、きっと嬉しいのでしょう。
大きな成長を見せていただき、感激しました。

洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

投稿者 chizuko : 20:36

2005年06月18日

木のおもちゃ、ポストボックス 第一号    洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

9ヶ月のMちゃん、先日お求めいただいたエルマーがすっかりお気に入りとの事。明るい美しい色の絵本に元気に反応してくれます。
今日も、エルマーシリーズのもう一冊をお求めいただきました。
それにご出産のお祝い用に音のでる布絵本も。
この絵本は、この地区の赤ちゃんたちの間では、大人気だと言っていただけて、嬉しかったです。
今日も、出版社時代の友人Wさんが訪ねてきてくれました。
近くの中学に通う息子さんを持つお母さまなので、この地区の事、英語教育の実態等、教えてもらえることが多く、いつも感謝しています。
1歳の○君が始めてみてくださいました。初めはお父さま、お母さまと。一度帰られてから、今度はおじい様もご一緒に。
保育園でいつも夢中で遊んでいらっしゃるというおもちゃを発見。
最近仕入れたばかりの白木に上の部分だけ赤いポストボックスです。
初めは単純な形のピースを繰り返して落としていましたが、そのうちに難しい複雑な形まで落とせるように。その集中力には驚かされました。
○君、おじいちゃまのプレゼント、ポストボックスと、はしご人形、良かったね。カタカタ人形もしばらく売り切れです。

image1.jpg image333.gif

夜、フォトジャーナリストを目指す友人のT君が、突然訪ねてくれました。数ヶ月ぶりです。お子さんが生まれたお友だちへのプレゼントに、選んでくれたのは、やはり、布絵本でした。

洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

投稿者 chizuko : 23:50

2005年05月28日

ラッキーな出会い     洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

通りがかりにお寄りいただいたS様。英語を習っていらっしゃる4歳の姪御さん、Sちゃんのために、マジックウインドウ絵本をお求めいただきました。
Sちゃんの英語の先生は、園の同級生のお父様だそうで、イギリス人の方だとのこと。自然なコミュニケーションの中で、英語のお勉強を楽しんでいらっしゃるそうです。
とても幸運な出会いの中で、すてきな英語学習のスタートをきられたように思います。
一昨日、布の絵本をお求めいただいた5ヶ月のUちゃんが、ご両親とみえました。
さっそく、布絵本のページをご自分でめくって楽しんでくださっているとのこと。
今日はお友だちへのプレゼントにと、同じその布の絵本を、お求めいただきました。
それから木のおしゃぶり「ドリオ」も。これは、おととい見えたときに、すっかり気に入りいただいていたのです。5色の玉を目で追って、木と木がぶつかる音に興味しんしんでした。大人も眺めているだけで、美しさに心満たされますが、赤ちゃんたちは、もっともっと大きな魅力を五感で楽しんでいるのでしょう。なにしろ、「ドリオ」を見て喜ばなかった赤ちゃんが一人もいないのです。このおもちゃに出会った赤ちゃんはラッキーだと、思わずにはいられません。握って、振って、玉を引っぱって、おしゃぶりにして・・・
布絵本も、この木のおもちゃも、こんなに赤ちゃんに愛されるものを作ったデザイナーたちは、本当にすごいといつもながら、感心してしまいます。

洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

投稿者 chizuko : 01:25