2005年12月21日

サブダのポップアップ絵本 入荷しました!            

Sabuda(ロバート・サブダ)のポップ・アップしかけ絵本、大ブレイク!入荷しました!
不思議の国のアリス、オズの魔法使い、クリスマス絵本など
クリスマス・プレゼントに!追加入荷しました
ペーパーエンジニアリングの最高峰ロバート・サブダの芸術的仕掛け絵本

image441.jpg image440.jpgThe Wonderful Wizard of Oz Pop Up

image438.jpg image435.jpg

Alice's Adventures in Wonderland Pop Up


子どもから大人まで、世界中の絵本ファンを魅了し続けるサブダは、1965年、ミシガン南東の小さな田舎町で生まれました。父親は石工で大工という、ものを生み出す職人、母はサブダ兄弟たちが幼いときから、毎晩本を読み続けました。貧しいながらも、彼の芸術に影響を与える環境が、そこにはあったのです。 小さな頃から絵本を作り、やがて、美術を勉強して子どもの本の出版社で仕事を続けながら、自分の才能に、磨きをかけて、今やPop-Up絵本の芸術性では最高峰に君臨するサブダの作品をお楽しみください。入荷しました。お問合せください。

投稿者 chizuko : 01:20

2005年09月17日

赤ちゃんに大人気のテデイベア布絵本、入荷!  洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

4ヶ月のMちゃんが、お父さま、お母さまと。
さっそく音の出る布絵本を見せてあげると、それまでベビーカーの中で静かだったのに、急に手をバタバタして、満面の笑顔です。
そのうちに、ひとりでページの端を持って動かし始めました。
ひとしきり遊んだ後、今度は数日前に入荷した布絵本、”Teddy Bear,Teddy Bear, Touch Your Nose”という、ナーサリーピローブック ― 枕にもなる布絵本 ― を見せてあげました。
すると、今度は足もバタバタさせ、体まで動かして興奮して喜んでいます。
Teddy Bear touch024.jpg Teddy Bear 1.JPG
この絵本は、入荷したときから、赤ちゃんたちに大人気です。
ふかふかの大ぶりの布絵本で、表紙の真ん中に、テディベアの顔が大きく描かれています。
表紙の片手は動くようになっていて、テディベアが鼻を押さえたり離したりできるしかけです。
そして、どのページにも仕掛けがあります。
テディベアの歌にあわせて、つま先にタッチしたり、くるくるまわったり、ベッドのうえを跳んだりはねたり、そして、最後はお布団をかけておやすみなさいで終わります。
初めは、テディベアのはっきりした顔だちをこわがらないかと、ちょっと心配していたのですが、いまのところ、赤ちゃんは、みんな大好きです。
Mちゃんのご両親は、こんなに反応する絵本に出会ったのは初めてだと、喜んでくださいました。

夜、立ち寄ってくださった女性のお客様。
ショップの近くに住むお嬢様のところへ、岡山から見えたそうです。
ご自身が絵本が大好きとのことで、お話が弾みました。ご自宅には、絵本を2000冊もお持ちとの事。
お部屋の壁が絵本で埋め尽くされているそうです。
弟さんの3歳のお子さまへのプレゼントはいつも絵本なので、絵本のおばちゃまと呼ばれているとか。
電話でも「絵本のおばちゃま」と話しかけられるとの事。
その姪御さんは、絵本という新しい世界を運んでくれた大切な方だという思いを込めてそう呼んでいらっしゃるのでしょうね。
今、姪御さんの一番のお気に入りは、『わたしのワンピース』だとのこと。
私も好きで、ほるぷこども図書館「ひよこコース」のサンプルとして棚に飾っている絵本を指しておっしゃいました。
弟さんが「読み聞かせで大変」とうれしい悲鳴を上げられるほどの絵本好きになられているそうです。

投稿者 chizuko : 22:33

2005年09月04日

赤ちゃんが好きなおもちゃに出会ったとき  洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

夕方、初めてのTくん10ヶ月が、お母さまとおばあちゃまと。
ちょっと眠そうでしたが、ベビーボールとドリオを見たとたん、目がはっきりと覚めたようです。
image368.jpg
ドリオをみせてあげると、初めは玉をにぎっていましたが、そのうちにしっかりと持ち手の部分を持って、
どうしても口に入れたいとがんばります。
音の出る布絵本も大好きでした。
自分で繰り返しめくっては、登場する動物たちを、これとこれは同じと、指で押さえておしえてくれたのです。
そして絵本をふってみたり、ななめにしたり、まためくってみたりと、飽きずに夢中で遊んでいます。
ところが、しばらくして、急にまたドリオを思い出し、手がのびて。
こんな時、お口に入れさせてあげられないのは、本当に酷な気がします。ごめんね。
最後にスイスのメリーゴーランドを回してあげると、ご機嫌がなおって、それは、それは、大喜び。
顔をくしゃくしゃにして最高の笑顔を向けてくれました。
image361.jpg

お母さまとおばあちゃまが、Tくんが気に入ったおもちゃや絵本に出会えた事をよろこんでくださいました。
そして、ついに、布の絵本とドリオがTくんの手元へ!
今回もお許しを得て、そのままドリオを持たせてあげると、待ってました!とばかりに、お口へ。
本当に満足そうな表情です。よかったね、Tくん。

木のおもちゃのページ

投稿者 chizuko : 23:28

2005年06月24日

赤ちゃんに愛されるスイスの木製メリーゴーランド  洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

スタジオ・ドリーム リアルショップの小さなシンボルマークの一つを

ご紹介します

image302111.gif

70年前からスイスで作り続けられている

木製のメリーゴーランド



かけがえのない赤ちゃんの時期・・・



このメリーゴーランドの回転が醸し出す空気の流れは、

赤ちゃんだけが持つゆったりとした時の流れと一緒です。



この穏やかな時間の中で、夢や希望をゆっくりと育まれること

を祈って。

 
うま、お人形、うまをささえるバーなど、全部で20ピースに分かれます。
すべてをバラバラにしたり組みなおしたりと、
年齢にあわせて遊びの幅も広がります。

税込 16,800円

ご注文、お問い合わせは

洋書絵本専門 スタジオ・ドリーム

〒165-0032 東京都中野区鷺宮3 - 2- 2
[ショップ営業時間]
遠方からのお客様は、大変お手数ですが事前に臨時休業をご確認くださいませ。
火・木・金・土・日曜日12:00~18:00 その他の時間はご予約をお受けいたします
[TEL]03 - 3310 - 5501 [E-MAIL]s-dream●kj9.so-net.ne.jp(●印を@に変えて送信をお願いいたします)

洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

投稿者 chizuko : 23:59