2008年04月02日

色々な媒体にご紹介いただきました

うっかり右手を怪我してしまい、お客様にご心配をお掛けした1ヶ月。
また、1月からのお隣の工事のトラックがショップの前に頻繁に止まっていたため、ショップの工事と間違われて引き返されたお客様がたくさんいらしたことをお電話等で後から伺い、恐縮しています。

そんな中、ここの所、色々な媒体にご紹介していただく機会が増え、ありがたく思っております。

たくさんのお問い合わせもいただいています。
ありがとうございます。

以下が、最近の掲載していただいた媒体です。

2月発売のアルク 『子ども英語カタログ2009版』
3月29日発売の『るるぶ中野区』
3月31日発売の育児雑誌『baby mammoth』
4月1日 読売新聞朝刊 くらし 家庭欄

もうじきお隣の工事も終わり、私の怪我も治る予定なので、心機一転、お越しいただく皆様に楽しんでいただけるショップの形に早く整えるようがんばります。

投稿者 chizuko : 20:06

2006年04月26日

楽しい英語クラス "Five Little Ducks" 歌えたね!

2~3歳のクラスでは、色々な絵本の読み聞かせの後、イギリスの老舗絵本出版社、Child's Playに絵本と韓国のJY Booksのオーディオ付きシリーズ、Sing It Say Itの中から一ヶ月に1タイトル楽しんでいます。

毎回講師の先生が絵本のストーリーにあった楽しい工作で教材を作ってきてくれて、いつもバッグから何がでてくるのかと、楽しみにしているのですが、今日は、たまたま先日この本の出版社の方が見えたときにお借りしたあひるの親子のぬいぐるみを使ってみたところ、とことん盛り上がりました。

さらに、びっくりするような場面が次々広がって・・・

先週までは、みんなバラバラに自分が歌える部分部分で声を出していたのですが、
今日は一人一人に手作りのマイクを渡してオーディオを流しながら歌ったところ、
全員マイクを握り締め、口に当てて歌いだしたのです。

残念ながら、一番盛り上がっていたときは、みんなの頭がテーブルの真ん中にくっついてしまい、写真を撮るどころではなかったのですが、その後、少し静まってからのスナップを撮ったのでご紹介します。

SANY0238Websize.JPG

SANY0239mailsize.JPG


特に、4人のうちの2人はすごく、3歳になったばかりの一人は、ほぼ最後まで、2歳8ヶ月のMちゃんは7番まで完璧に歌ったのです!

ほかの子たちも楽しそうに、いつもよりも沢山の部分を声を出して歌っていました。

お母さんたちもびっくり。

授業が終っても40分以上(授業時間と同じ長さ)、全員が興奮状態で残って、あひるのぬいぐるみや前回全員に手渡されたミニブックをひろげて、物語を再現したりして遊んでいました。

SANY0241.JPG

(あひるさんでお話作り。親子に見えますが、S君のお母さんに遊んでもらっている2歳8ヶ月のMちゃん。今日は最後まで歌えたね!)


その後の小学生クラス(1年生、2年生、3年生)も、いつもにぎやかで楽しいクラスです。
毎回、クラスの最後にCurious Georgeの読み聞かせを聞いているのですが、絵本を楽しんでいるときの表情は一瞬一瞬が素晴らしいのです。

SANY0242web.JPG

2年生、3年生の2人は、もうアルファベットの大文字、小文字も挨拶もOKです。
絵本は全員、英語のまま、かなり長いものもスーッとその世界に入っていって、
楽しめるようになりました。

「お勉強はしません!」と宣言して始めたクラスですが、どちらのクラスも、楽しんでいるうちに文字が読めるようになったり、数字の概念をつかんでいるのが良くわかります。

そして、単に単語が文字の羅列として読めるのではなく、生きた言葉のアイコンとして
それぞれの子どもの中で動き出す瞬間をみると、より英語の絵本に楽しんで接することができる時間の提供を考えることに意欲がわいてきてしまいます。

投稿者 chizuko : 21:22

2006年02月12日

今日も遠くから多くのお客様が来てくださいました
洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

オープンと同時に団体のお客様。ここの近くに住んでいらっしゃる方が、逗子からのお友だちを連れてきてくださったのです。
お友だちのお子さまへのプレゼントに布の絵本を2点選んでいただき、赤ちゃんもしっかり絵本を楽しめるというお話で、盛り上がりました。

その後、福島からのお客様が。
優しい素敵な英語の先生で、幼稚園生と小学生を教えていらっしゃるとのこと。
絵本を読み聞かせてあげたいのでと、見に来てくださったそうです。
幼児、児童英語の教え方や読み聞かせの方法について話がはずみました。
最後に、これから展開する予定の絵本のセットをご予約いただきました。

サンプルを見ていただいているうちに、このセットを使って子どもたちにどんな風に英語を楽しく教えられるか、どんどんプランが浮かぶと言っていただけて、とても嬉しかったです。

夕方には、3ヶ月前にご両親に連れられてきてくれたIくんが、今日はお母様とおばあちゃまと。
前に来てくださったときにも、自分の意思をしっかり持った赤ちゃんだと思っていましたが、2歳になってますます理解力が増していました。
お仕事で忙しいお母さまに代わって、おばあちゃまが毎日4~5冊は絵本を読んていらっしゃるとのこと。
手をつないで歌もたくさん一緒に歌われるそうです。
そんな日常から生まれる安定感がしっかりあるお子様です。

今日、Iくんが幾つかの絵本の中から選んだのは"The Officers'ball"。
かばのおまわりさんが主人公のちょっとコミカルなストーリー性のある絵本です。
描き込まれたページを隅々までながめて、その中のものを指差しては、おしゃべりしてくれました。

初めての赤ちゃんも遠くからお父さま、お母さまと車できてくださいました。1歳2ヶ月ですが、絵本を何冊も集中して聞くことができます。お母さまが絵本がお好きで、いつも読んであげているとのこと。
絵が変わる小型のマジックウインドウ絵本を見せてあげると、自分でしっかり仕掛けをうごかせるようになり、握り締めて離しません。
その絵本とCliffordの大きな絵本をお求めいただき、いつまでもバイバイをしながら帰っていかれました。
開店当初からご両親で一緒に来てくださるお客様が多いのですが、最近は土・日、祝日に、ご家族全員で来てくださるお客様が増えました。

気負い無く子育てを楽しんでいらっしゃるお父さまたちとも会話が弾みます。
ご家族連れのお客様は、あたたかなご家庭の雰囲気をそのままショップに残していってくださるので、帰られた後も、いつも心が癒されているのです。

投稿者 chizuko : 21:42

2005年05月12日

新着 マザーグース絵本 CD付き 大好評   洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

昨夜遅く電話中に、ショップのドアが開き、「ハロー」と女性の声が!ちょっと緊張しましたが、日本に14年住んでいる方で、日本語もペラペラ。いつも、このショップを気にしながら、自転車で前を通っていらしたという、小さいお子さまが2人いらっしゃるフィリピン人の方でした。色々とお話しながら、熱心に絵本を選んでくださっていたのですが、最後にとても気に入っていただけたのが、リズミカルで楽しい歌声のCD付きマザーグース絵本(Take-Along Songs Farm Songs)でした。この絵本はボードで出来た丈夫なもので、持ち手が付いたデザインです。お求めいただいたCDを一緒に聞きながら、また、ひとしきり、おしゃべりを楽しみました。「どの歌も、子どものときに歌っていた懐かしいものばかり」とのこと。上のお子さまのちょっと遅くなったお誕生日プレゼントにと、自転車のかごに入れて、急いで帰っていかれました。
ここにも外国人のお客様が何人も来てくださるようになり、実際に英語圏の子どもたちが絵本や歌をどう楽しんでいるかをうかがえるようになったのは貴重なことです。
そして、今日も、昨夜のことをお話しながらこのCDを聞いてくださっていた初めてのお客様が、気に入ってくださって、お求めくださいました。在庫僅少。追加が入らないのが残念です。
また、今日みえた児童英語の先生たちに気に入っていただけたのが、入荷したばかりの色が美しいマッチングパズル(Smart Squares)シリーズで、アルファベットや形、色、数字などを楽しんで覚えるゲームです。そのほか、シンプルながらも、優しいストーリー性のある絵本(Cheer Up, Little Duck! )などをお求めいただきました。定番のテキスト以外のものを授業で使うには、先生の準備に一手間も二手間もかかってしまいますが、生徒さんたちの反応が楽しみだとおっしゃっていただき、嬉しいかぎりです。私もその結果を教えていただけるのが楽しみです。

洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

投稿者 chizuko : 18:40