2007年01月08日

「はじめての言葉が出た!」感動の瞬間

1歳2ヶ月のKくん。
初めてみえた、とてもおとなしい赤ちゃんでした。
ベビーカーに乗ったままのKくんに、お母さまが大型の『はらぺこあおむし』を見せてあげはじめました。
絵本のページをめくるたびに、目を少しだけ大きく開いて、口元をちょっと動かし、ジーッと絵に見入っていました。
最後の方で、左のページには大きくなったあおむしが、右のページには「さなぎ」がそれぞれページ一杯に現われたとき、私は思わず「あおむし、大きくなったね」と声をかけました。
すると、Kくんは、今までよりも目を大きく開いて絵本を見つめました。
その次のページで、ついに見開き一杯の大きなちょうちょうが現われたときに「わー、きれいねー」と声をかけると、更に目を大きく見開きながら絵本を見つめて、それから、頭をこちらに向けて、何かを伝えたそうに私の顔をジーッと見ます。
私は、Kくんのなかで何かが大きく動いたように感じました。
そこで、今度は、ほるぷ子ども図書館めだかコースの『あかちゃん1.2.3.』をゆっくりゆっくり読んであげました。
この絵本を赤ちゃんに読むときにいつもそうするように、手で動物に触れながら読んで、それから、「くまのかあさん、いたね。大きいね」とKくんの手をとって同じように絵を触らせてあげるようにして、1ページごとに、ゆっくりゆっくり読みました。 Kくんは、最後までジーッと、おとなしく聞いていました。
読み終わったとき、Kくんが「もう一度?」というように、私の目をじーっと覗き込みました。
そこで、「わかった、もう一回ね」と言いながら、2回目を読み始めました。
そして、「ぞうのかあさんいたね」と、私が声をかけた途端、突然、「いたー!」と、Kくんが声を出したのです。
それからは、ページをめくって動物のおかあさんが出てくるたびに、「いたーっ!」。
次のページにそれぞれの動物の赤ちゃんを見つけるたびに、「いたー!」と繰り返し、そのうち動物たちを小さな指でさしては、小さな指でなぜながら、「いたーっ!」を繰り返しました。
最後のページが終って裏表紙をみせてあげると、こんどは、私を指さして、「いたーっ!」と言ったのです。

そこで今度は絵本で私の顔を隠して、それから絵本をさげて顔を出してみたところ、私と目があったとたんに、私を指さして「いたーっ!」と誇らしげに言ったのです。
何度繰り返してみても、そのつどに、「いたーっ!」と言っては楽しそうに大きな笑い声をたてました。

私が、Kくんに「わかったのね」、「言えたね」、「いたね」と言って両手を持って万歳をさせてあげると、ますます笑顔になりました。
それからパチパチ拍手をしてあげると、Kくんも両手を広げるところまで真似をしました。
まだ、その広げた両手を合わせるところまではいきませんでしたが、「すごいね、言えたね」と声をかけながら、K君の両手を持って合わせてあげると、また大喜び。
そして、不意にKくんは、左手で私の右手の人差し指をしっかり握り、右手では大きな動作で私に何回もタッチをくりかえしました。
そして、一緒に足もばたばたさせ始めましたが、そのうち蹴る方向によっては自分の足が私のひざにぶつかることがわかると、何度も何度もひざをめがけて蹴ってきました。
その間、ずーっと嬉しそうに大きな声を立てて笑っているのです。
全身を使って「嬉しさ」を有らん限りの表現で伝えてくれていたのです。
あまりの喜びように、私も本当に嬉しくなって、思わずKくんとおでこをくっつけたり、しっかり握られた手を振ったりしました。

お母さまも「すごいね、Kくん。言えたんだね!」と、なんども私の隣で繰り返し、感動していらっしゃるようでしたので、「『いた』という言葉をKくんから聞かれたことは?」と伺うと、これまでは、ずっとまだ喃語だけで、今のこの瞬間の「いたーっ!」が初めてのことばだったとのことでした。
絵本をこんなにジーッと集中して見たのも初めてのことだったそうです。
Kくんは、あの瞬間に、初めての言葉を発し、意味も一緒に摑んだのだと、お母さまと一緒に深い感動をおぼえた素敵な日になりました。

ここに良く来てくれる、おとなしい赤ちゃんたちが、1歳前後からときどき苛立ちの表情や動作を見せることがあります。
それをみていて、あるとき、その原因に思い当たりました。
多くの場合、それは「言葉」に関係しているのです。
感情や理解力がぐんぐん成長しはじめると、それを「言葉」で表現できるようになるまでの暫らくの間、いらいらした表情をみせる赤ちゃんが多いのです。
それまであやされ、話しかけられるたびに、表情豊かな笑顔を返してくれたり、「ウォー、ウォー」と声を出すという方法でコミュニケーションをとっていた赤ちゃんたちが、もっと伝えたいこと、言いたいことがでてきたのに、自分で言葉が出せない、しゃべれないもどかしさを感じたときの苛立ちだと、気付いたのです。
そんなとき、それまで以上細かい表現、複雑な表現、たとえば擬音などの繰り返しに加えて形容詞や副詞を加えながら、あかちゃんに同意を求めながら、赤ちゃんの代弁をするように話しかけてみます。
そうすると、赤ちゃんたちは、その間、おだやかな表情に戻ることが多いのです。
赤ちゃんはまだ言葉を使って話せないだけで、瞬間瞬間にたくさんのことを吸収し、理解できるようになり、感情も日々育っているのだということを強く感じます。
今日のKくんは、はじめて口からしっかりでた言葉が、一緒に意味を持って使えた瞬間を見せてくれたのでした。
そのはじめての言葉が、「いた!」だったことに、一層感動したのでした。

ほるぷこども図書館 ご紹介のページへ

投稿者 chizuko : 23:28

2006年03月16日

嬉しいお手紙をご紹介

1歳5ヶ月だったRちゃんのお母様に、ほるぷこども図書館のめだかコースをお求めいただいたのは今年の1月。
まだお若い、とても素敵なお母様です。
セットがご自宅について一週したとき、Rちゃんが絵本を最後まで聞けるようになった事を教えに来てくださいました。それからと言うもの、ショップによってくださるたびに、Rちゃんの絵本の楽しみ方にどんどん奥行きがでてくるのがわかるようになりました。
今日、お母様から嬉しいお手紙をいただきました。
お許しをいただいたので、掲載させていただきます。
お手紙、本当にありがとうございました。

Medaka Rin chan026.jpg
Medaka Rin chan 2027.jpg
Medaka Rin chan 3028.jpg


ほるぷこども図書館 ご紹介のページへ

投稿者 chizuko : 01:23

2006年02月24日

ほるぷこども図書館「めだかコース」、英語が母語のA君のところへも
洋書絵本と木のおもちゃの店  スタジオ・ドリーム

3歳になったばかりのA君。お父様はイギリスの方、お母様は日本の方です。
12月から時々来てくださり、お母様がいつもたくさん絵本を選んでくださいます。
お母様は完全なバイリンガルでいらして、A君との会話も英語です。
私もA君とは英語で少し話します。

今日はお母様のお母様、S様もご一緒でした。
A君の雰囲気がいつもと違うと思ったら、ショップに入られた時から、日本語だったのです。
おばあさまのS様とはいつも日本語での会話とのことでした。

S様が、「日本語の絵本を読んであげると、まだ数ページでどこかへ行ってしまう」とおっしゃいました。
A君は英語の絵本は大好きで、毎日読み聞かせをしていただいています。
そこで、ちょっと、めだかコースから、何冊か選んで読んでみることにしました。

私が読み始めると、初めは敬遠して遠くから聞いていたのですが、
そのうちにだんだん近づいてきてくれて、最後までじーっと聞いてくれたのです。
そして、1冊読み終わるごとに、その絵本を胸に抱えて、S様に、持って帰ると言ってくれたのです。
最後に読んだのは、一番文章の少ない『どうやって ねるのかな』という、動物のノンフィクション絵本でした。
動物絵本の第一人者、薮内正幸が描く渋く写実的な描写のなかにあたたかみのある絵と、
ストーリー性の無い、とてもシンプルなテキストのこの絵本も気に入ってもらえたとわかったときは、
なんだかとても感激しました。

そして、ついに、ほるぷこども図書館の「めだかコース」は、おばあさまからA君へのプレゼントになったのです。

私はショップでいつも、英語のお勉強の前に、まず日本語の絵本を、と、お話していますが、
A君の場合は、その逆で、きちんとした英語の日常の環境の中、今まで英語の絵本をたくさん読み聞かせしていただいているから、たまたまタイミングがあった、ちょっとしたきっかけで、
すーっと日本語の絵本の世界にも入っていけたのだと思いました。

これから、本当に美しい日本語を話されるS様の読み聞かせを、きっとたっぷり楽しまれることでしょう。


ほるぷこども図書館 ご紹介のページへ


投稿者 chizuko : 21:54

2005年08月18日

輝く笑顔    洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

2歳のMちゃんがお母さまと。英語教室の帰りです。
Mちゃんがこの数ヶ月夢中になっているのがブロック型のコンセプト絵本の4冊セット。
今日もカタカタにんぎょうで遊んだ後は、すぐにこの絵本に。
「読んで?」と言われて、一緒に英語で読みました。
音を聴く集中力も、口に出して言ってみようとする力も、そして、理解力もグーンと伸びているのがわかります。
それは、「めだかコース」の日本語の絵本をどんどん楽しめるようになっていくのと平行しているようです。
そして、なによりも素敵なのが、表情がとても豊かになったこと。笑顔が輝いているのです。
子どもの笑顔の輝きっていいな!と、思わずにはいられません。
大人になると、4歳ぐらいまでの記憶はほとんど無いといわれていますが、「たとえ、一つ一つの出来事を覚えていなかったり、その場の感情を言葉で説明できなくても、0歳から4歳ぐらいまでに、心から笑えた分だけ、そして輝いた笑顔になった数だけ、幸せを感じる心が育っているに違いない」と、よく幼馴染の友人たちと話していますが、イギリス人の友人もこの考えに大賛成です。
ここのショップにしょっちゅう寄ってくださる赤ちゃんやお子さまたちの笑顔は、とびきりです。
近いうちに、その笑顔の一部を皆様に公開しますね。(もちろんお母さまたちのご了解は得ています)


ほるぷこども図書館 ご紹介のページへ


洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

投稿者 chizuko : 23:35

2005年08月14日

洋書の絵本も、日本語の絵本も    洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

M様がご主人と来てくださいました。先日お母さまとみえて洋書絵本をご自分用と、お友達の生まれたばかりのお子さまのために、たくさんお求めいただいた、ご自身も赤ちゃんのお誕生を控えた方です。
ほるぷこども図書館の絵本の見本を一緒にご覧になったご主人が、このなかの絵本をたくさん実家に持っていらっしゃると、懐かしそうにおっしゃいました。ご兄弟が多いので、今はそれぞれ所在が分かれているとのこと。もしかしたらお母さまが同じほるぷこども図書館のセットでお求めになったのかもしれません。ご実家にあるタイトルを調べてまたきてくださるとの事でした。
image372.jpg

ショップにみえるお客様で、ほるぷこども図書館で育ったとおっしゃる方の割合が多いのに驚きます。
どなたも、本が大好きな方たちばかりです。日本語の絵本をたくさん楽しんだ方たちは、英語が苦手だとおっしゃりながらも、お気に入りを見つけては、テキストの長さや難しさに関係なく洋書絵本も楽しんでお求めいただいています。


ほるぷこども図書館 ご紹介のページへ

洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

投稿者 chizuko : 22:32

2005年06月29日

徳之島での「ほるぷこども図書館」との出会いのお話  洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

先回、小学生のお嬢さまのために絵本をお求め下さったT様は、ご自身も本が大好きな方です。
そのT様が、お父様から贈られた「ほるぷこども図書館」が揃った環境で育たれたということを、その時ショップのサンプルを見て確信されたのですが、今回、もっと詳しくそのころのお話をしてくださいました。
T様ご一家は転勤が多く、徳之島で小学校に上がられたそうです。そのときにお父様が「ほるぷこども図書館」を揃えてくださったとの事。
地理に疎い私は、つい先日、アジアの方たちとの集いに出る機会があり、そこで出会った徳之島出身の方に、徳之島は、鹿児島県といっても、奄美大島と沖縄の間に位置する、とても美しいけれど、遠い島だということを、外国の方たちと一緒に説明を受けて始めて知ったのですが。
そんなに遠い島で20年以上も前に「ほるぷこども図書館」に出会われ、今も本が大好きというお話をうかがって、感動しました。
鹿児島から飛行機でさらに50分掛かる小さな島へ、どん、と、ミツバチボックスに入った絵本のセットが届いたことは、きっとT様の本の世界への入り口になったことと思います。

T様には、一度離れたけれど、もう一度手にしたいという本が何冊もあります。
そういう本たちは、その時T様を本当に深い世界へと誘っていたのでしょう。
「ほるぷこども図書館」で育った子どもたちの多くはこのような特別な本をたくさん持っているのです。
「ぐりとぐら」や「ねないこだれだ」など、大人になっても心の中に住んでいる絵本がたくさんあるのです。

今日は、先日から気にしていらした“Rapunzel”を買いに来てくださったのです。

本当は探していらっしゃるのはフェリックス・ホフマンの作品ではないかと思われますが、残念ながら手に入らないので、ゼリンスキーの作品をお求めいただきました。
これも、ゼリンスキーらしい重厚な絵でグリム童話を再現していて、アメリカのカルデコット賞を受賞したとても美しい作品です。

image194.jpg

でも、1冊の絵本が絶版になったとき、代わりのものではその喪失感を埋めることは出来ないということを、私自身、数え切れないほど実感してきました。
だからこそ、優れた内外の絵本が絶版になる前に、一人でも多くの方にご紹介したいと、絶版絵本の延命をスタジオ・ドリームの使命の一つにしているのです。
この絵本も、T様の中に別の魅力あるものとして生きられることを祈っています。

ほるぷこども図書館 ご紹介のページへ

洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

投稿者 chizuko : 01:16

2005年05月27日

赤ちゃんの成長に感動!     洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

先日「はしご人形」を取りにみえたRちゃんが、その日のうちにもう一度、お父様もご一緒にみえて、「ほるぷこども図書館」の「めだかコース」を予約してくださいました。
お父さまも実際に絵本を手にとられて、気に入ってくださったのでした。
今日は、お母さまが、届いた絵本に囲まれた毎日を楽しんでくださっていると教えてくださいました。
Rちゃん自らが、ボックスから絵本を抜いてお母さまに渡されることも習慣になっているとのこと。
絵本の世界への興味がしっかり芽生えていることを感じて嬉しくなりました。
初めてみえたときには、何でも下に落としてみることに夢中だったのに、次の日は、場所に慣れたからか、前日出会ったおもちゃや絵本とじっくり関わり、そして今日は、デスクの上にいるお気に入りのテディベア親子を手渡してあげると、いいこ、いいこ――という風に、何度も撫でて、頬ずりも。その慈しむような表情があまりに豊かで、心を打たれました。僅か2週間足らずの間の変化です。

ほるぷこども図書館 ご紹介のページへ

洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

投稿者 chizuko : 23:52

2005年05月19日

すいか、おいしかった?   洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

もうじき2歳のMちゃんがお母さまと。ここ何回かは、ベビーカーでおねんねのまま見えていたので、起きているMちゃんに会ったのは1ヶ月ぶりです。お申込みいただいていた「ほるぷこども図書館」の「めだかコース」が届いたことと、さっそく毎晩その中の絵本を楽しんでいただけているとの嬉しいご報告をいただきました。
お申込み前に、「小さいお子さまは絵本の中に美味しそうなものを見つけると本当に食べちゃうんですよ」と、以前、私自身が何度も遭遇した経験をお話したのですが、Mちゃんも『くだもの』の絵本のすいかに手をのばして、「一生懸命食べようとして。本当なのですね」と、お母さまが嬉しそうにお話してくださいました。まだ、すいかを食べたことがなくても、味見をしてみたのね。
ご自身も楽しみながら絵本を読んでくださるお母さまとの共有時間は、お子さまにとって、かけがえの無い一生の宝物のはずです。
先日お求め頂いた洋書絵本、私も大好きな、”The Father who had 10 Children”も楽しんでくださっているとのこと。絵本の世界にどんどん入っていく様子を今日もショップ内で見せていただくことが出来ました。
本当によかった!

ほるぷこども図書館 ご紹介のページへ


洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

投稿者 chizuko : 00:30

2005年05月09日

日本語絵本のお話会     洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

「質の高い洋書絵本で味わう活きた英語の魅力。また、オリジナル絵本自体がもつ美しさ─
これらを、赤ちゃんから大人の方にまで、ぜひ楽しんでいただきたい」そんな思いで、スタジオ・ドリームをスタートさせました。
その一方、母語である日本語の美しさや、日本語でかかれた絵本を楽しめなければ、洋書絵本の楽しみにも限界があるとも、長年、思ってきました。そこで、日本語の絵本セット「ほるぷこども図書館」を扱い始めました。
そして、3月の16日、17日、それまでにスタジオ・ドリームで小さなお子様のために洋書絵本をお求めいただいたお客様にご案内を差し上げて、セットに含まれている日本語絵本を使ったお話会をしました。零歳から幼稚園の年長さんまでが、お母さまと参加してくださいました。それぞれの年齢による反応と、年齢の違いを超えた共通のリアクションとがあり、読んでいる私の方が、楽しませていただきました。また、初めの回には、ニュージーランド人のRさんが飛び入りで参加してくれて、最後に“No, David!”を英語で読んでくれました。Rさんは英文学を専攻した、若くて優秀な英語の先生で、よくショップに遊びに来てくれます。絵本が大好きな好青年なので、読み方も、とてもじょうずでした。午後のクラスには、私の小学校1年生からの友人で、以前、幼稚園で大人気の先生だったYちゃん(何十年たってもちゃん呼びです)も飛び入り参加してくれて、「身近にいい絵本がたくさんある環境と、それを一緒に楽しみながら読んでくれる人がいれば、子どもたちは絵本の世界を丸ごと楽しめる」という話を、先生だった時の体験を交えて話してくれました。今月中に、第二回目の絵本の会を開けるように頑張らなくては。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。


ほるぷこども図書館 ご紹介のページへ



洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

投稿者 chizuko : 19:26 | コメント (0)