2006年02月17日

兵庫県からのすてきなお客様との楽しいひと時 1
洋書絵本と木のおもちゃの店

今日、開店早々に、すてきなお客様がみえました。
なんと、そのNさんは、兵庫県からわざわざ、ここを目指してきてくださったそうです。
絵本が大好きで、絵本の読み聞かせ主体の英語教室をしていらっしゃるとのこと。
色々お話しているうちに、絵本の持つ力強さと、本当に使える英語を身につけるためには、
いかに子供のときの日本語力が大切かと言うことで、話が盛り上がりました。
しばらくして「ほるぷこども図書館」の商談を別のコーナーで始めると、Nさんが、
「私は息子をほるぷのセットで育てました」と、おっしゃったのです。
それからは、3人でますます絵本談義が盛り上がったのでした。

ここのショップには、0歳から3歳の赤ちゃんやお子様がたくさん来てくださいます。
そして、ほとんどのお母さまたちは、英語のお勉強のために洋書をお求めくださるのではなく、
洋書の絵本が持つ日本語絵本には無いデザインや色の美しいものをお子様に楽しませてあげたいと
おっしゃいますし、私もそのような絵本選びを目指しています。
そんな絵本は、赤ちゃんにも人気です。
ただ、赤ちゃんは洋書絵本だけでは育ちません。
美しい洋書絵本とともに、絶対に必要なのは、美しい日本語で書かれた質の高い絵本です。
書店ではなかなか良い絵本と出会えないというお声もあり、洋書絵本専門店ながら、
日本語の絵本のセット「ほるぷこども図書館」もご紹介するようになりました。

たまに、日本に住んでいて、両親とも日本人の家庭に生まれても、スクールや家庭教育が英語主体、
あるいは英語のみに近い環境で育ち、いつまでも英語のかたことしか話せない赤ちゃんや
小さいお子さんたちに会うことがあります。
そのような環境にない赤ちゃんでも、日本語を話し始めるより、ちょっと聞いた英語の音を先に
出すことがあります。
英語の音のほうが出しやすいのでしょう。
でも、常に日本語でのコミュニケーションが十分になされていれば、しばらくしてから日本語も
ちゃんと
話すようになります。
しかし、日本語で十分に語りかけられることが無いために英語しか話せないとしたら、問題は別です。
母語の日本語を捨ててまで英語教育に熱くなる一部の風潮に怖さを感じます。

実際にそのような環境で育った子供たちがもう成人しています。
以前、ある採用試験を担当したときに、英語の会話は流暢(に聞こえる)、発音もきれい、TOEICの
点数は満点か満点に近い成績なのに、簡単な英文の要約を日本語で書いてもらうと、
日本語がきちんと書けないという応募者が何人もいたからです。
普通の日本の会社では、まず日本語が出来なければ、いくら英語が話せても、任せられる仕事は
ありません。

また、アメリカの語学学校に何年通っていても、大学に正規に入れない若い人たちもたくさん見ました。
「彼らがいつまでも英語でエッセイが書けないのは、思考することそのものに慣れていないからでは?」
と、先生たちがおっしゃったのをきいたとき、その若い人たちが、アメリカに来て初めて厚い本を
読まされた―日本語でさえ、1冊も読んだことが無いのに―と言っていたのを思い出しました。

確かに英語の音は、小さいうちから圧迫にならない程度に聞かせてあげる方が良いのでは、と、
思います。でも、いくら美しい発音が出来ても、音だけでは言葉になりません。

私も外国語を自由に使えればなーと、憧れます。
でも、外国に行ったときに私がいつもしまった!と思う瞬間は、言葉が出てこないときではなく、
自分が日本を知らなさ過ぎると思った瞬間です。

外国語を自由に使えるようになれば、確かに世界はぐーんと広がります。
でもそれは、母語によるアイデンティーの確立と、思考力、理解力、知識があってこそだと、
Nさんと改めて思ったのでした。

投稿者 chizuko : 21:01

2005年08月21日

英語絵本の読み聞かせミニクラスを開きました   洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

Hちゃんは、はじめてみた英語の絵本の言葉の意味が解らなくても、最後までほとんど間違えのない発音で文字を読める小学2年生。
今日はネイティヴスピーカーの講師による{英語の絵本を読む}コースの個人教授トライアルレッスンに来てくださいました。
教材は、以前お求めいただいたSpot とClifflordの絵本、それに、新しいタイトルを1冊くわえ、ちょっと欲張りな授業を組んでみました。
3冊の中に共通で使われている言葉がいくつもあること、2冊は犬のキャラクターが活躍する絵本であることなどから、関連付けて読んでみることを提案したのです。
そして、今日は、いつものように自分で一生懸命に文字を追って声に出して読むことよりも、人に読んでもらって、頭の中で英語の音からイメージを広げることと、センテンスを塊としてとらえることに主眼を置き、音読は最後にしました。
文字を発音できても、意味が解らない言葉がいくつもあった絵本も、3冊を読み終えたときには、部分的にはっきりと、あるいは薄っすらとイメージができているようでした。
最後の音読には、感情が入っていて、響きが美しく感じられました。

最後は、2歳と3歳の、小さな子どもたちのコースです。
おなじSpotを使っても、Hちゃんの授業の組み立てとは、ちがいます。
小さな子どもにとって、長い時間集中するのは、難しいことです。
それでも前半の集中度は、二人とも今まで以上だったと思います。
途中で2歳のD君の視線に、離れたところにあった大好きなおもちゃがとびこんでしまいました。
これは、私の失敗です。これからは、周りのものの配置にももっと気をつけなければ・・・。
外国人の講師に、2歳のD君は、ちょっとだけ緊張気味でしたが、3歳のA君は、他のサークルで外国人講師になれていて、すんなりと溶け込んでいました。
最後は、お母さまたちに講師の後について声に出して読んでいただきました。
まだまだ試行錯誤のクラスですが、また、機会を作っていきたいと思っています。

洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

投稿者 chizuko : 22:13

2005年06月16日

ホームページを通した嬉しい出会い    洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

今日はあいにくのお天気の中、はるばる埼玉からお客さまがみえてくださいました。
ホームページを見て来てくださったとの事です。ご自宅でお子さまたちに英語を教えていらっしゃるとの事でした。
先日、新潟のS様に「ホームページを見て」と、お電話をいただいたときにも感激したのですが、今日もまた嬉しい日になりました。
“No, David!”をはじめ、たくさんの絵本を選んでお持ち帰りいただきました。
だんだん、あちらこちらの英語教室にも、教材とは一味違う絵本がここから旅立っていくようになりました。
一番嬉しいのは、それらの絵本を生徒さんたちが楽しんでくださっているとの声をいただいたときです。
「この絵本を英語でも読めるようになりたいな」と思ってくださるお子様が少しでも増えるよう、もっともっと頑張りたいな、と、思いました。

洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム



ホームへ戻る

投稿者 chizuko : 23:30

2005年05月16日

絵本を使って、活きた英語教育   洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

今日は食事先で、先日絵本をたくさん買って行ってくださった保育士のYさんとばったり。
Yさんは、お勤め先の保育園が卒園生(現小学校1年生)に、放課後、英語教育を始めることになったので、絵本や歌のカセットテープを選んでくださったのでした。
お奨めした絵本への子どもたちの反応を知りたかった私に、たくさんの有意義な話をきかせてくれました。
まずは、“No, David!”。迫力ある絵で、Davidのいたずら振りを描いた絵本で、アメリカではカルデコット賞のオナー賞をとった大人気絵本です。
私がこの絵本をよく、「始めて出会う英語絵本」としてお奨めする訳の一つは、絵と、”No”ということばを繰り返し使ったシンプルなテキストをみただけで、日本語を介さずに状況がすっかりわかること。そしてまた、もし、この”No”を日本語に置き換えようとすると、無限の訳し方があるということも、わからせてくれる絵本だからです。
(でも、本当は、イラストのすばらしさと、「No!」と、おこられ続け、ついに、”Davey, come here”と呼ばれて不安になったDaveyを、おかあさんが、”I love you!”と、抱きしめて終わるところが、理屈抜きで、大好きなのですが)
Yさんは、この子どもたちが、Yさんが両手を広げると、いつもその中に飛び込んできたことを思い出して、絵本を読んだ後、”Come here”と言って両手を広げてみたとのこと。
そこに飛び込んだ子どもたちは、”No”も、”Come here”も、実感で理解し、しばらく”Come here”ごっこがはやったと嬉しそうに話してくれました。それを聞いて私も思わず「ヤッター!」と叫んでしまいました。
Yさんのお話の続きは、またいつかご報告します。

洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

投稿者 chizuko : 23:22