2005年07月17日

船のモビール すてきな4人きょうだいのおうちへ   洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

初めてお越しいただいたS様。つい最近、誕生された4番目の女のお子さまのためにと、船と灯台のモビールをお求めいただきました。
先週到着したばかりの、白木に赤と青のコントラストが美しく、船が穏やかな海をゆったり航海する情景が広がるドイツのヘラー社のモビールです。
このとき、S様から、すてきなお話を伺いました。
今、9歳になる一番上の男のお子さまが幼稚園のとき、下に生まれた弟さんのために、お友達のおうちで見たくじらのモビールと同じものをプレゼントしたいとおっしゃったとのこと。
そこで、お母さまのご提案で、ご自分たちの手でおさかなのモビールを作られたそうです。
プレゼントされた弟さんも、その下の弟さんも、このおさかなのモビールが大好きで、ずーっと飾られていたそうです。
息子さんが一生懸命に描かれたおさかなの絵を、そのままモビールにしたため、バランスを取るのに苦労されたそうですが、それもとても楽しい思い出になったと、話してくださいました。
そのモビールは、紙製だったので、ついに寿命がきてしまったとのこと。
そのお話を伺って、 となりに飾っていたかわいいどうぶつのモビールより、おさかなのモビールを思い出せる海にうかぶ船のモビールを飾っていただきたくなりました。
今、この3人のおにいちゃまたちは、「少しは赤ちゃんを寝かせてあげて」と、お母さまがおっしゃるほどに、生まれたばかりの妹さんを舐めるようにかわいがっていらっしゃるとのことでした。
初めて仕入れた船と灯台のモビールが、こんな仲良し兄弟のおうちのリビングルームに飾られて、ゆらゆら揺れ続けるのかなと思うと、なんだか嬉しくなりました。

洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

投稿者 chizuko : 22:06

2005年06月13日

本に添えられたメッセージ     洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

昨日、書ききれなかったのですが、お客様からすてきなお話を伺いました。
お嬢様が小さかったとき、本には、必ず、日付とメッセージを書かれた紙を本に貼ってから渡されたとの事。また、ご家族以外の方からプレゼントされた本にも、添えられていたカードを本に貼られていたとのことでした。
(そのお話を伺い、自分の小さかったときの事を思い出しました。ただし、私の場合は渡された全ての本にはられては、いなかったのですが・・・それは、大切な思い出の一つです)
その後、そのお嬢様が大きくなってから、全員、お気に入りの本を持参するという授業があった時、本に貼られたお母さまのメッセージをご覧になった先生が、「あなたは、とても幸せな子供時代を送ったのね」と、おっしゃったとの事。その時まで、お嬢様は、プレゼントされる本には全て、メッセージが添えられているものと思っていらしたので、逆に驚かれたとの事でした。
ロンドンや、ドイツの古書店には、メッセージが直に書かれた絵本や美しい児童文学書がたくさん置かれています。昔、しっかり作られた本はとても貴重で、大切なギフトに使われることが多かったからなのです。

私も、ここのショップで、お子さまのために絵本を求めてくださる方のために、オンリーワンメッセージを添えられる方法をずっと友人と考えていたのですが、このお話を伺って、早く実現させたいとあらためて思いました。 

洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

投稿者 chizuko : 23:10

2005年06月12日

"No, David!"、保育園へ      洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

ちょっと歳の離れた爽やかなK様ご姉妹。お姉さまは、遠くの保育園にお勤めの先生でした。
木のおもちゃや絵本を一緒に見ながらたくさんおしゃべりして、楽しいひと時を過ごすことができました。
毎日、小さいお子さんたちに接していると、たくさんのエネルギーをもらえて、新鮮な発見や気付きもあるということで、意気投合。
お話をしているうちに、今、受け持たれている3歳児のお子さんの中の、障害を持った園児さんのことを聞かせてくださいました。
そのお子さんは、言葉の理解が少し難しいそうですが、英語には、とても敏感に反応して、歌やナレーションを聞いているときは、とても嬉しそうだとのことです。
英語の持つ音やリズムとの相性が良いのでしょうか?
会話の端々に、K先生が、本当に、そのお子さんの、瞬間ごとの喜びを大事にして、心から可愛がっていらっしゃることが、伝わってきます。
お話を伺ううちに、保育士のYさんが、子供たちに英語をまるごと理解してもらう時間のために”No, David!”を使ってくださったことを思い出してご紹介してみると、K先生もこの絵本をとても気に入ってくださいました。
そして、早速、そのお子さんにも読んであげてみると、大事そうにお持ち帰りいただきました。
K先生がそのお子さんの話をしていらっしゃるときの目の輝きはとても生き生きしていました。
ここに来てくださる保育園や幼稚園の先生たち、そして先生になるために勉強中の学生さんたちは、皆さん、すてきな方ばかりです。

洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

投稿者 chizuko : 22:18