« 2006年05月 | メイン | 2006年07月 »

2006年06月01日

洋書絵本を英語で楽しむクラス

きのうは5月最後のクラスでした。
JY Booksの"Down by the Station"の最終回。

4月の"Five Little Ducks"よりも歌詞は大分むずかしかったのですが、
最後にマイクを渡すと、やはり楽しそうに歌い始めました。
ハンドルを握った動作でおどるKくんには、お母様たちから、おしみない拍手が!


060531SANY0258.JPG

楽しそうなクラスの一こま

小学生のクラスも終わり、打ち合わせをしていると、2~3歳クラスを終えて帰ったはずのSくんがお母様の自転車で戻ってきました。

外に出て行くと、自転車のチャイルドシートのなかで、ちょっともじもじしていたSくんが
お母様に促されて、私の手をとってそのなかにキュッとおしこんでくれたものは・・・バンドエイド!

実は、今日のクラスで"Down by the Station"に入る前に使った絵本を挟んで
2人でちょっとひっぱりあったとき、ページがビリッと破れてしまったのです。

クラスが終って帰ってからのおやつの間、先生の絵本(Sくんのお気に入りです)を
破ってしまったことが気になって、色々考えた末、バンドエイドをはって手当てをしてもらおうと、
再び遠くから来てくれたとのことでした。

電車で幾つも先の駅から、どんな思いでバンドエイドを握りしめてきてくれたのかと思うと、
思わず涙が出てしまいました。

先々週は、クラスのない日の夕方、自宅から三輪車ほどの小さな自転車を、なんと3時間もこいで
来てくれたのです。
残念ながら、着いたとたんに安心感と疲れで、ほとんど遊べないまま帰路についたのですが、
そのときも、本当に驚かされて、感動しました。

出会って9ヶ月。今、2歳8ヶ月。
ご両親のサポートのもと、どんどんたくましく、感受性ゆたかになって、
新たなことにチャレンジするSくんの姿が、いつも私に新鮮な風を運んできてくれるのです。


HOMEへ > column


投稿者 chizuko : 00:59 | トラックバック