« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

2006年04月26日

楽しい英語クラス "Five Little Ducks" 歌えたね!

2~3歳のクラスでは、色々な絵本の読み聞かせの後、イギリスの老舗絵本出版社、Child's Playに絵本と韓国のJY Booksのオーディオ付きシリーズ、Sing It Say Itの中から一ヶ月に1タイトル楽しんでいます。

毎回講師の先生が絵本のストーリーにあった楽しい工作で教材を作ってきてくれて、いつもバッグから何がでてくるのかと、楽しみにしているのですが、今日は、たまたま先日この本の出版社の方が見えたときにお借りしたあひるの親子のぬいぐるみを使ってみたところ、とことん盛り上がりました。

さらに、びっくりするような場面が次々広がって・・・

先週までは、みんなバラバラに自分が歌える部分部分で声を出していたのですが、
今日は一人一人に手作りのマイクを渡してオーディオを流しながら歌ったところ、
全員マイクを握り締め、口に当てて歌いだしたのです。

残念ながら、一番盛り上がっていたときは、みんなの頭がテーブルの真ん中にくっついてしまい、写真を撮るどころではなかったのですが、その後、少し静まってからのスナップを撮ったのでご紹介します。

SANY0238Websize.JPG

SANY0239mailsize.JPG


特に、4人のうちの2人はすごく、3歳になったばかりの一人は、ほぼ最後まで、2歳8ヶ月のMちゃんは7番まで完璧に歌ったのです!

ほかの子たちも楽しそうに、いつもよりも沢山の部分を声を出して歌っていました。

お母さんたちもびっくり。

授業が終っても40分以上(授業時間と同じ長さ)、全員が興奮状態で残って、あひるのぬいぐるみや前回全員に手渡されたミニブックをひろげて、物語を再現したりして遊んでいました。

SANY0241.JPG

(あひるさんでお話作り。親子に見えますが、S君のお母さんに遊んでもらっている2歳8ヶ月のMちゃん。今日は最後まで歌えたね!)


その後の小学生クラス(1年生、2年生、3年生)も、いつもにぎやかで楽しいクラスです。
毎回、クラスの最後にCurious Georgeの読み聞かせを聞いているのですが、絵本を楽しんでいるときの表情は一瞬一瞬が素晴らしいのです。

SANY0242web.JPG

2年生、3年生の2人は、もうアルファベットの大文字、小文字も挨拶もOKです。
絵本は全員、英語のまま、かなり長いものもスーッとその世界に入っていって、
楽しめるようになりました。

「お勉強はしません!」と宣言して始めたクラスですが、どちらのクラスも、楽しんでいるうちに文字が読めるようになったり、数字の概念をつかんでいるのが良くわかります。

そして、単に単語が文字の羅列として読めるのではなく、生きた言葉のアイコンとして
それぞれの子どもの中で動き出す瞬間をみると、より英語の絵本に楽しんで接することができる時間の提供を考えることに意欲がわいてきてしまいます。

投稿者 chizuko : 21:22

2006年04月13日

英語で歌ってみよう、言ってみよう!絵本とオーディオで楽しい英語のお勉強

英語で歌ってみよう、言ってみよう!絵本とオーディオで楽しい英語のお勉強

Sing It! Say It! Story song Picture Book 9タイトル Aセット

韓国の英語教育で爆発的な人気と実績 ― カラフルな仕掛け絵本とオーディオで英語を楽しむセットです

メールでご予約受付中です。

オーディオの構成 

Story Song Picture Book シリーズの5 Steps

通常、Story Song Picture Book シリーズの各オーディオは次のように5段階で収録しています。

(一部には Musical Songがある 7 Steps オーディオもあり, 歌だけでできたオーディオも何種類か

ありますが、それぞれ一番効果的な方法がとられています)


(1) Story Song 歌の聞き取り

(2) Story Reading ストーリーの聞き取り

(3) Echo-Chant 真似る

(4) Story Song いっしょに歌う

(5) Melody Story Song 自分で歌う


(ショップのページもごらんください)

fivelittleducks.jpg

downbythestation.jpg downbythestationinsiden.Ins.jpg

farmerinthedell.jpg famerinthedellinside.jpg

mubelybush.jpg mubelubushinside.jpg

oldmacdonald.jpg Old Macdonald had a farm Inside.jpg

overinthemeadow.jpg overinthemeadowinside.jpg


The Wheels on the Bus.jpg wherewegonside.jpg

thereareanoldwoman[1].jpg therewasanoldwomaninside.jpg

twinkletwincle.jpg twinkletwinklelittlestarInside.jpg


シリーズの特徴
         
英語を外国語として学ぶ子どもたちが、無理なく言葉の基礎を身につけられるように
工夫されたオーディオ付き仕掛け絵本シリーズです。

子供に自然な英語を身につけさせたいーそのためには、生の声で、
一緒に英語の歌をうたってあげたり、絵本を読んであげたりすることが一番だと言われています。
そんなメソッドを取り入れた子供英語のスクールも増えてきました。
でも、多くのお母さまや先生たちは、正確な発音で読んだり歌ったりする自信が無くて・・・と、
おっしゃいます。

このStory Song Picture Book シリーズは、非英語圏の子どもたちが正しい発音をリズムに乗って、楽しく英語を身につけられるように開発された今までに無いスタイルのオーディオ付きの絵本シリーズです。

カラフルで美しい英語の絵本といっしょに、ネイティヴスピーカーによる読み聞かせと、
絵本を曲にして歌っているオーディオを付けてシリーズにした、画期的なものです。

乳幼児期において、母語で良質な絵本をたくさん読んであげることほど、素晴らしいことはありません。
英語教育においても質の高い絵本をたくさん読んであげることで、自然な活きた英語を身につけていく
ことが証明され、注目されています。
胎教時から 日本語の絵本の読み聞かせと一緒に、Story song Picture Book をお楽しみください。

ストーリー性(Story) + 絵(Art) + 音楽(Music) + 英語(Listening) 質 の 高 い 融 合 の 世 界
面白いストーリーと美しい絵や楽しい歌と共に、児童作家の粹で洗練された英語表現の数々に触れることができるシリーズです。非英語圏である日本の子どもたちも、英語圏で楽しまれている質の高い絵とストーリーで作られた絵本に感動しながら, ノンネイティヴの子どもたちのために工夫して作られたオーディオを繰り返し聞くことによって、自然に英語が口からでるようにもなります。オーディオで聞いて、一緒にうたって、シャドーイングをして ― と、五感をフルに活用しているうちに、いつしか読めるようにもなっていきます。
オーディオの構成 Story Song Picture Book シリーズの5 Steps
通常、Story Song Picture Book シリーズの各オーディオは次のように5段階で収録しています。
(一部には Musical Songがある 7 Steps オーディオもあり, 歌だけでできたオーディオも何種類かありますが、それぞれ一番効果的な方法がとられています。)

(1) Story Song 歌の聞き取り

(2) Story Reading ストーリーの聞き取り

(3) Echo-Chant 真似る

(4) Story Song いっしょに歌う

(5) Melody Story Song 自分で歌う



HOMEへ > column

投稿者 chizuko : 11:49

2006年04月05日

洋書絵本を英語で楽しむクラス 新学期スタートしました

洋書絵本を英語で楽しむクラス 新学期スタートしました。

2月、3月と隔週のクラスだった「洋書絵本を英語で楽しむクラス」、週一回のクラスになって、春の新学期が始まりました。

どのクラスも、赤ちゃんや子どもたちの感性の豊かさ、発想のやわらかさに感心させられることだらけです。

今日の2~3歳クラスでは、数がでてくる絵本を楽しんで、数のうたをうたいました。


初めて使った絵本+カセットテープセットの“Five Little Ducks”。
5羽のあひるのあかちゃんが、遠くへお散歩に出かけるのですが、かあさんあひるが心配して子どもたちを呼んでみると、4羽しか戻ってきません。
次に4羽が遠くへ出かけていきますが、帰ってきたのは3羽だけ。
こうして最後の1羽が出かけて行った後、誰も戻ってこないのですが、もう一度、かあさんが呼ぶと、どこからともなく5羽の子どもたちが揃ってもどってきたという歌です。

Five Little Ducks.jpg

仕掛けのある絵本も楽しいのですが、歌も楽しく、子どもたちだけではなく、お母様たちにも大好評でした。

その中で、2歳のKくん。とつぜん英語で数を言い始めました。しかも、鸚鵡返しではなく、何かをつかんだようです。

クラスの間中、集中していたためか、終ったとたんに眠くなって泣き始めてしまったKくんでしたが、
外で私たちが他の子どもたちと、”See You!”と、挨拶をかわしていると、突然ご機嫌がなおって、
”See You!”と手を振って嬉しそうになんどもバイバイをしてくれたのです。
これには、お母様も私たちもびっくりしました。Kくんが"See You"をはじめて言った瞬間です。
眠い中、他の子どもたちとのやりとりを見ていて、突然摑んだ言葉だったのでしょう。

コピー ~ SANY0226.JPG

毎回、何が起きるか楽しみです。

投稿者 chizuko : 20:45