« 洋書絵本を楽しむ英語教室 第二回目
洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム
| メイン | 英語の絵本で泣いちゃった   第3回 洋書絵本を英語で楽しむクラス
洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム »

2006年02月24日

ほるぷこども図書館「めだかコース」、英語が母語のA君のところへも
洋書絵本と木のおもちゃの店  スタジオ・ドリーム

3歳になったばかりのA君。お父様はイギリスの方、お母様は日本の方です。
12月から時々来てくださり、お母様がいつもたくさん絵本を選んでくださいます。
お母様は完全なバイリンガルでいらして、A君との会話も英語です。
私もA君とは英語で少し話します。

今日はお母様のお母様、S様もご一緒でした。
A君の雰囲気がいつもと違うと思ったら、ショップに入られた時から、日本語だったのです。
おばあさまのS様とはいつも日本語での会話とのことでした。

S様が、「日本語の絵本を読んであげると、まだ数ページでどこかへ行ってしまう」とおっしゃいました。
A君は英語の絵本は大好きで、毎日読み聞かせをしていただいています。
そこで、ちょっと、めだかコースから、何冊か選んで読んでみることにしました。

私が読み始めると、初めは敬遠して遠くから聞いていたのですが、
そのうちにだんだん近づいてきてくれて、最後までじーっと聞いてくれたのです。
そして、1冊読み終わるごとに、その絵本を胸に抱えて、S様に、持って帰ると言ってくれたのです。
最後に読んだのは、一番文章の少ない『どうやって ねるのかな』という、動物のノンフィクション絵本でした。
動物絵本の第一人者、薮内正幸が描く渋く写実的な描写のなかにあたたかみのある絵と、
ストーリー性の無い、とてもシンプルなテキストのこの絵本も気に入ってもらえたとわかったときは、
なんだかとても感激しました。

そして、ついに、ほるぷこども図書館の「めだかコース」は、おばあさまからA君へのプレゼントになったのです。

私はショップでいつも、英語のお勉強の前に、まず日本語の絵本を、と、お話していますが、
A君の場合は、その逆で、きちんとした英語の日常の環境の中、今まで英語の絵本をたくさん読み聞かせしていただいているから、たまたまタイミングがあった、ちょっとしたきっかけで、
すーっと日本語の絵本の世界にも入っていけたのだと思いました。

これから、本当に美しい日本語を話されるS様の読み聞かせを、きっとたっぷり楽しまれることでしょう。


ほるぷこども図書館 ご紹介のページへ


投稿者 chizuko : 2006年02月24日 21:54