« 2005年09月 | メイン | 2005年12月 »

2005年11月26日

クリスマス絵本が40タイトル以上 少しずつ ご紹介いたします
洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

クリスマス絵本 特集 2 



キリスト生誕を描いた絵本も、たくさん揃いました。
どれも味わい深い、美しい絵本ばかりです。
ネットショップにもお寄りくださいね。http://s-dream.ocnk.net/


image426.jpg The Tiny Star Board Book

image420.jpgFive Little Christmas Angels

image424.jpg The Stars Came Out on Christmas

image422.jpg The Brightest Star: The Story of the Nativity

image428.jpg The Stable Where Jesus Was Born

image430.jpg The Christmas Bell

image421.jpgA Child Is Born

投稿者 chizuko : 00:43

2005年11月25日

笑顔をたくさん、ありがとう ― 4ヶ月のTくん
洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

おとうさまとおかあさまに連れられて、はじめて来てくれたTくん。
4ヶ月だとうかがい、びっくり。大きくて、しっかりしています。
布の絵本にむちゅうで、何度も繰り返し、話しかけながら見せてあげるうちに、自分でページをめくる事をおぼえてしまいました。
そのうち、語りかけてあげる都度、私の顔を見て、よく笑うようになりました。
ご自分で何度も絵本をめくったり、とじたりしながら、今度は「あっ、あっ、あっ!」と、Tくんの方から、いっしょうけんめい話しかけてくれました。
しばらくして、ほるぷこども図書館めだかコースのなかの絵がはっきりした小型ボード絵本を読んであげると、これもじぶんでめくります。
絵本の中の、赤ちゃんが「あーん あーん・・・」と泣いているページがお気に入りになって、私が他のページをあけても、自分でその赤ちゃんのページをさがし、見つかったときには、満面の笑顔を見せてくれるのです。
これには、ご両親も信じられないと、おどろいていらっしゃいました。
買っていただいた木のおしゃぶりドリオにも夢中。image430.gif
何度か振ってみせてあげているうちに、何と、自分で握って振るようになったのです。
そして、ほめてあげると、うれしそうに何度も何度も繰り返します。
4ヶ月でこんなにはっきりした反応のあるTくんの姿に、私も目が覚める思いでした。
きっと、お若いご両親の愛情を一杯受けて育っているのでしょう。
最後には、バイバイをした私の指を、ぎゅーっとにぎったまま、泣き出してしまいました。Tくん、また遊びに来てね。

投稿者 chizuko : 01:04

2005年11月24日

クリスマス絵本が40タイトル以上 少しずつ ご紹介いたします
洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

クリスマス絵本 特集 1 


変わった形の手のひらサイズのボードブック絵本

かわいいスノウマンやサンタさんが たくさん 並びました。
読み聞かせに ちょうどいい、簡単で楽しいお話ばかりです。
みんなに会いにきてくださいね。
ネットショップにもお寄りください。http://s-dream.ocnk.net/



image365.gif エンジェル  image368.jpgコーデュロイ 
image373.jpg きらきら輝くクリスマス  image386.gifジョリー スノウマン  image387.pngジョリー サンタ image398.jpgスノウマンはおともだち

投稿者 chizuko : 23:59

2005年11月03日

2歳、3歳の成長もすばらしい! 2
洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

夕方、外から「寄る!、寄る!」という大きな声が聞こえてきたと思ったら、もうじき3歳2ヶ月のSくんがお母さまと見えました。
英語教室に通っていて、とても活発。英語の絵本にも抵抗がありません。
先日のハローウィンの英語絵本のお話会も大いに楽しんでくださっていました。
今日は、お母さまが急いで別のルートから帰るつもりだったのに、こっちの道からと言われて自転車を走らせたら、ここの前でせがまれちゃって・・・とのこと。
ショップが休みの日にも、ここの前をわざわざ通って電気がついていないのを確認すると「あーあっ」と、ため息をつくと言われました。ごめんね、Sくん。
おもちゃや絵本で一緒に楽しんで、お母さまから、いよいよ帰らなければと言われたとたん、突然、「ぼくは今日絵本を買いに来たの」と言い出しました。
そこで、てっきりお母さまも私も今日読んだ絵本だと思い、並べて訊いてみると、違うと言います。
そしてすぐに手にしたのは、船ばかりを集めた乗り物シリーズのボードブック。既に2冊お求め頂いているシリーズの中の一冊で、一ヶ月ぐらい前に読んであげたものでした。
今日は、帰り際のぎりぎりまで、Sくんは、その絵本にはまったく触れていなかったのです。「ぼく、今日は、はじめからこれを買いに来たの」の言葉に大人はびっくり。
ハローウィンのお話会の時には、人が大勢過ぎてかまってあげられなかったのですが、きっとあの日は、心残りのまま帰られたのでしょう。
その絵本を袋にも入れず、大事に抱えたまま、自転車のシートから元気に「See You!」。
前にお求めいただいたそのシリーズの2冊は、毎日、毎日、何度も何度も繰り返し読んで、ベッドまでも抱えていくので、だいぶヨレヨレになってしまったとのこと。
思わず絵本にむかって、そんなに愛されて良かったね!と、言いたくなってしまいました。

投稿者 chizuko : 23:29

2005年11月01日

2歳、3歳の成長もすばらしい!
洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

ここのところ、嬉しいことが続きます。
初めてショップに寄ってくださってから数ヶ月めの、特に0歳、1歳だったお子さまたちの、日々の成長には、いつも目を見張るばかりですが、最近は2歳から3歳のお子さまたちのお母さま方から、都立家政方面を通るときは、必ず「絵本(見に)よっていく」とせがまれると、言っていただけることです。
ショップが閉まっているときも、前を通って確認しないと納得しないとのこと。こんなお話を伺うと、本当にジーンときます。
ショップで一緒に遊んだ後も、覚えていてくれることに、感激します。

その内の一人、とてもシャイなAくんは、もうじき3歳3ヶ月。
いつもショップについてから長いこと、じーっと黙ったままで、話しかけてもお母さまの後ろに隠れてしまいます。
その間は、お母様とお話するときも、とても小さな声です。
それが、20~30分たつと、おもむろに、その日に買っていただいたお菓子や、ご自宅から持ってきたものなどをお母さまに頼んでバッグから出していただき、それらをソーッと私に手渡して見せてくれるのです。
そこからは、おしゃべりも始まり、絵本を見たり、おもちゃをためしたりと、一緒にたくさん遊びます。
そして、お母さまが帰ろうとおっしゃるときには、帰りたくないと訴えます。
最近は、近くを通るたびに寄りたいといってくださっていると伺い、本当に嬉しかったのです。
3歳を過ぎて9月から通い始めたちょっと遠くの幼稚園生活にもだいぶ慣れ、その集団生活の中で頑張っている様子や、先月購入していただいた日本語の絵本セット、「ほるぷこども図書館 めだかコース」の中の絵本を楽しんでくださっている様子も、お母さまがお話してくださいます。
Aくんの世界がどんどん広がっていくのが見えて、ご来店いただくのが、私こそ、いつも楽しみなのです。

投稿者 chizuko : 22:21