« 2005年08月 | メイン | 2005年11月 »

2005年09月30日

Mちゃん、ついに、あるけた、走ったね 知的好奇心もいっぱい! 洋書絵本と木のおもちゃ スタジオ・ドリーム

9月に1歳になったMちゃんには、4ヶ月の小さな赤ちゃんだったときから、よくショップにお寄りいただいています。
今日、ご旅行から戻られて数週間ぶりに来店いただいたら、すっかりじょうずに歩けるように。
Rちゃんと同じように、今まで抱っこで高い位置から見下ろしていたものを、自分の目の高さで見られて手にも取れるようになりました。
自分でトコトコ歩く様子は、とても楽しそうです。
4月末におじいちゃま、おばあちゃまからプレゼントされた木のおもちゃ、プルトーイの「あひるの家族」。前からMちゃんのお気に入りだったものです。
今までも、先頭のあひるさんの赤いくちばしにかじりついたり、車の部分をさわって遊んだりと、仲良しだったそうですが、歩けるようになって、ついにプルトーイとしてMちゃんに引っぱられ、またまた大活躍だそうです。
<Ducklings image389.jpg />
歩けるようになったと同時に、探究心が強く芽生え始めているのが解りました。
今日は、ドイツの魔法のシャボン玉を吹いてあげると、以前よりもまして気に入られたようで、ふたを閉め終えようとするたびに、指をさされて何十回もリクエストされました。
5ヶ月だった2月、お母さまが「Mちゃんへの初めてのヴァレンタインのプレゼントに」と、選んでくださった布絵本 ―今は絶版で手に入らないのですが― も、大のお気に入りで、この絵本は、今でも毎朝目を覚ますと一人でめくって遊んでいるとの事。
image047.jpgMちゃんのお母さまは、今までお求めいただいた数々の洋書絵本や木のおもちゃとMちゃんが日々じっくり愛着を持って楽しんでくださっている様子を、いつも教えてくださいます。
最近は特に、毎日「もう一回、もう一回」の、繰り返しのリクエストで大忙しだそうですが、このように、一つのものにこだわることができるからこそ、じっくりと一人で感じ、考え、自らも何度も試したり、確かめたり、そして、発見したりをくりかえして成長していくのだということが、よくわかります。
赤ちゃんにとっては、愛着を持ち続けることができる質の高い絵本や、おもちゃをそばに置いてあげることが、本当に大事なのだと感じさせられる毎日です。
初めて見えるお客様の中から、「うちの子は、どんな高価なおもちゃでもすぐに飽きてしまうので・・・」という声を伺うことが多いのですが、それぞれの赤ちゃんが気に入ってくださったおもちゃをお持ち帰りいただくと、次に来てくださった時には、皆様から、お子さまがしっかりと愛着を持って遊んでいるとのご報告をいただきます。
おもちゃに関しては、ニキティキを通してスタジオ・ドリームが扱うヨーロッパ、特にドイツ、スイス、スエーデンの老舗のおもちゃ会社の製品は、何十年もの間、たくさんの赤ちゃんたちに愛され続けているからこそ、様々な社会変化の中、経営的には厳しい波を受けながらも、がんばって製品を作り続けているということが、はっきりわかります。
ぜひ、赤ちゃんたちに人気の絵本やおもちゃに会いに来てくださいね。

Mちゃんのお母さまから、1歳のお誕生日の記念に作られた、お写真たくさんのカードをいただきました。
私がまだお会いする前の、生まれてすぐから、現在までのMちゃんの成長の様子が一度に見えて、感激です。ありがとうございました。

投稿者 chizuko : 14:25

2005年09月23日

Rちゃん、世界が広がったね!     洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

Rちゃんが、おばあちゃま、お母さまとみえました。先月、1歳になったばかりです。
ショップの前でベビーカーからおろされたとたん、一人ですくっと立つと、開いたドアからニコニコ笑顔でとことこ歩いて私のところまで。
本当にびっくりして、感激しました。
あんよが上手に出来るようになったご報告に、寄って下さったのです。
いつものように、棚の上のお気に入りのうさちゃんを指差します。
でも、今日は、自分で立った場所から上を見あげているのです。
もう、抱っこは嫌がるとの事でしたが、腕を広げてみると、すとんと中へ。
そこで抱っこをして、いつものようにうさちゃんと同じ高さにあわせてあげました。
それから、もう一つのお気に入り、大好きな木製のメリーゴーランドの場所に移動して回してあげると、じーと真剣に眺めていましたが、じきに後ろを向いて、またうさちゃんを指差します。
今度はうさちゃんを手に持たせてあげて、抱っこからおろすと、Rちゃんはうさちゃんをギュッと腕にだきしめたまま、ショップのあちこちをとことこ。
今までは、お母さま、私に抱っこされた高さからか、ハイハイの床から見あげていたショップ内を、始めて自分の目線で見ながら、自由に歩くことが出来たのです。
しかも、お気に入りのうさちゃんを腕に抱いて。
それから色々な絵本を私に差し出しては、おしゃべりをいっぱいしてくれるので、またまた、びっくり。
歩き初めるのと同時に、急におしゃべりが始まったとの事でした。
歩く前は、どちらかというと、物静かな赤ちゃんだったのですが、生まれてすぐから、お母さまにたくさん語りかけや絵本の読み聞かせをしていただいている間、Rちゃんはじーっと、言葉を心にいっぱい溜めていたのだと、また、感激しました。
今までも、Rちゃんはショップに着くとすぐ、うさちゃんを指さし、お顔に近づけると、チュッをしてくれて、帰るときにも、うさちゃんにバイバイをするまでショップを離れられないぐらいうさちゃんが好きだとは分かっていましたが、本当は、自分の腕で抱きしめてずっと一緒にいたいぐらい、私が思っていた以上に大好きだったのです。
あんよができるようになって初めて、思い続けていた「うさちゃんを自分の腕でギュッと抱きしめ続けること」を実現できました。
今日は、Rちゃんにとって記念すべき日になったに違いありません。
そう思ったとき、以前ご紹介した2歳になったMちゃんが木のおもちゃ、「はしご人形」に大成功した日の事を思い出しました。
あの日、久しぶりにみえたMちゃんは、ドアから入った途端、「はしご人形」に、真っ直ぐトットットッと近づくと、お人形をピタッとはしごにおいて、初めて大成功したのです。
あの瞬間見せてくれた自信に満ちた満足そうな微笑は忘れることが出来ません。
それまで何ヶ月もお気に入りだったけれど、自分ではお人形をうまくはめられずに悲しそうだったMちゃんが!
たくさんのお子様たちのこんな素敵な瞬間に、この数ヶ月の間で何度も出会いました。
まだ話せない赤ちゃんでも、「自分自身でこれを出来るようになりたい」という強い思いを何ヶ月もの間、持ち続けることが出来るのです。
そして、ある日、ついに夢をかなえます。
その瞬間の赤ちゃんたちの自信と満足感に満ちた輝くような笑顔の積み重ねこそ、素敵な成長なのだと思います。
そして、こんな瞬間を積み重ねていくためには、ゆったりした時間を紡ぐことが必要なのだと、ショップにみえるお母さまたちの穏やかさが教えてくれます。

投稿者 chizuko : 11:05

2005年09月17日

赤ちゃんに大人気のテデイベア布絵本、入荷!  洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

4ヶ月のMちゃんが、お父さま、お母さまと。
さっそく音の出る布絵本を見せてあげると、それまでベビーカーの中で静かだったのに、急に手をバタバタして、満面の笑顔です。
そのうちに、ひとりでページの端を持って動かし始めました。
ひとしきり遊んだ後、今度は数日前に入荷した布絵本、”Teddy Bear,Teddy Bear, Touch Your Nose”という、ナーサリーピローブック ― 枕にもなる布絵本 ― を見せてあげました。
すると、今度は足もバタバタさせ、体まで動かして興奮して喜んでいます。
Teddy Bear touch024.jpg Teddy Bear 1.JPG
この絵本は、入荷したときから、赤ちゃんたちに大人気です。
ふかふかの大ぶりの布絵本で、表紙の真ん中に、テディベアの顔が大きく描かれています。
表紙の片手は動くようになっていて、テディベアが鼻を押さえたり離したりできるしかけです。
そして、どのページにも仕掛けがあります。
テディベアの歌にあわせて、つま先にタッチしたり、くるくるまわったり、ベッドのうえを跳んだりはねたり、そして、最後はお布団をかけておやすみなさいで終わります。
初めは、テディベアのはっきりした顔だちをこわがらないかと、ちょっと心配していたのですが、いまのところ、赤ちゃんは、みんな大好きです。
Mちゃんのご両親は、こんなに反応する絵本に出会ったのは初めてだと、喜んでくださいました。

夜、立ち寄ってくださった女性のお客様。
ショップの近くに住むお嬢様のところへ、岡山から見えたそうです。
ご自身が絵本が大好きとのことで、お話が弾みました。ご自宅には、絵本を2000冊もお持ちとの事。
お部屋の壁が絵本で埋め尽くされているそうです。
弟さんの3歳のお子さまへのプレゼントはいつも絵本なので、絵本のおばちゃまと呼ばれているとか。
電話でも「絵本のおばちゃま」と話しかけられるとの事。
その姪御さんは、絵本という新しい世界を運んでくれた大切な方だという思いを込めてそう呼んでいらっしゃるのでしょうね。
今、姪御さんの一番のお気に入りは、『わたしのワンピース』だとのこと。
私も好きで、ほるぷこども図書館「ひよこコース」のサンプルとして棚に飾っている絵本を指しておっしゃいました。
弟さんが「読み聞かせで大変」とうれしい悲鳴を上げられるほどの絵本好きになられているそうです。

投稿者 chizuko : 22:33

2005年09月16日

2歳のYくんとのコミュニケーション  洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

はじめて来てくださったお客様の多い一日でした。
その内の1組は8月に2歳になったばかりのKくん。
絵本が大好き。洋書の絵本のなかの動物を指しながら、「ブーブー」、「ペンギン」、「ガーガーさん」・・・と教えてくれます。「てんとうむし」も言えました。うさぎは、「ぴょんぴょん」です。
ピーターラビットの絵をゆびさして「ぴょんぴょん」。そのうち棚の上においているショップのマスコットのうさぎのぬいぐるみをみつけると、それを指さしたあと、絵本のピーターラビットを再び指さして、同じ「ぴょんぴょん」だと、一生懸命教えてくれました。
ちょうど言葉が出るようになって、言葉を使ったコミュニケーションが取れることが楽しくて仕方ないというふうです。
何冊か『ほるぷこども図書館のめだかコース』の中から、日本語の絵本を読んであげると、一生懸命絵を見ながら、お話をしてくれます。
おうちでは、毎日おんなじ一冊の絵本を、飽きることなく何度も何度もリクエストをして読んでいただいているとの事。
他のたくさんの種類の絵本に興味を持ったのは、初めてだそうです。
一冊の絵本にそれだけこだわっている間に、心の中で何かを大事に豊かに育てているのだなーと思わずにはいられません。
最後に『めだかコース』のなかでも人気のある『なにをたべてきたの?』を読むと、しろぶたくんの鼻先に大きく描かれたくだものがでてくるたびに、Yくんはそれを手にとるようにして、しろぶたくんの口もとに「どーぞ」と差し出します。何回かそれをくりかえしているうちに、おやおや、Yくんのお口からもよだれが。そして、ついに絵本のなかのぶどうをぺろり!
そして、「あー、おいしかったー」という満足そうな表情で私をみあげてくれました。
そういえばMちゃんやTくんも、「日本語の絵本を楽しむ会」のときに同じようにこの絵本を楽しんでいてくれました。

最後に、粘土付きの、てんとうむしや「ブーブー」や、いろいろな動物がでてくる絵本を手にして、すがたが見えなくなるまで嬉しそうに手をふって、おじいちゃまのおうちにむかわれました。
Yくん、楽しい時間をありがとう。

投稿者 chizuko : 01:26

2005年09月06日

絵本でご機嫌がなおったね       洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

今日は一日ショップを出たり入ったりしていました。
夕方、出かけようとドアを開けた途端、目の前を、おばあちゃまに押されたベビーカーに乗った小さな男の子が泣きながら通りがかるところでした。
声をかけると、ショップによってくださいました。
お母さまがお出掛けで、おばあちゃまに預けられていて、ご機嫌斜めになった2歳のKくんでした。
初めはぐずっていて、なかなかご機嫌がなおらなかったのですが、ページを引っ張り出すと、美しく輝くイラストがあらわれるマジックウインドウブックの『トラック』を読んであげると、夢中になって、何度もリクエスト。
そのうち無邪気なかわいい笑顔になりました。
「すぐに、あきちゃわないかしら?」と、ちょっとご心配のおばあちゃまでしたが、この様子なら大丈夫とおすすめしました。
すっかりご機嫌がなおって、手に持ったままバイバイをして帰られた後、私も急いで自転車で出かけたのですが、じき、おばあちゃまとKくんの後姿が目に入ってきました。
見ると、Kくんは熱心にトラックの絵本のページをひっぱったり、いれたりしています。
自転車からご挨拶をすると、Kくんもうれしそうにバイバイをしてくれました。
お求めいただいた絵本やおもちゃが、ショップを離れたところでも喜んで使われているところを見せていただくのは、本当にうれしいことです。

投稿者 chizuko : 01:21

2005年09月04日

赤ちゃんが好きなおもちゃに出会ったとき  洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

夕方、初めてのTくん10ヶ月が、お母さまとおばあちゃまと。
ちょっと眠そうでしたが、ベビーボールとドリオを見たとたん、目がはっきりと覚めたようです。
image368.jpg
ドリオをみせてあげると、初めは玉をにぎっていましたが、そのうちにしっかりと持ち手の部分を持って、
どうしても口に入れたいとがんばります。
音の出る布絵本も大好きでした。
自分で繰り返しめくっては、登場する動物たちを、これとこれは同じと、指で押さえておしえてくれたのです。
そして絵本をふってみたり、ななめにしたり、まためくってみたりと、飽きずに夢中で遊んでいます。
ところが、しばらくして、急にまたドリオを思い出し、手がのびて。
こんな時、お口に入れさせてあげられないのは、本当に酷な気がします。ごめんね。
最後にスイスのメリーゴーランドを回してあげると、ご機嫌がなおって、それは、それは、大喜び。
顔をくしゃくしゃにして最高の笑顔を向けてくれました。
image361.jpg

お母さまとおばあちゃまが、Tくんが気に入ったおもちゃや絵本に出会えた事をよろこんでくださいました。
そして、ついに、布の絵本とドリオがTくんの手元へ!
今回もお許しを得て、そのままドリオを持たせてあげると、待ってました!とばかりに、お口へ。
本当に満足そうな表情です。よかったね、Tくん。

木のおもちゃのページ

投稿者 chizuko : 23:28

Aちゃんが運んできてくれたフィリピンからの風 洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

大学生のAちゃん ― 感性の豊かな、優しいお嬢さんです。
4月に初めて来てくださってから、ちょくちょくお友だちも連れて寄ってくださいます。

先月はフランス語の絵本をお求めいただきました。
選ぶタイトルは任されていたのですが、なかなかこれなら、という1冊に出会えないままお待たせしていました。それが8月半ばになって、やっと、これだっ!という絵本を見つけ、お求めいただいたのです。
ときどき英語以外の絵本は、このようにタイトル指定なしのご予算だけを伺ってご依頼を受けることがあります。
こんな時は嬉しい反面、絵本と初顔合わせしていただくとき、そして、読後の感想をうかがうまで、ドキドキしてしまいます。
今回のフランス語の絵本もそうでした。

今日、Aちゃんが、いつもの素敵な笑顔でショップのドアを開けて入ってきてくださいました。
そして、あのフランス語の絵本がとても気に入ったと報告してくださいました。よかった!

それから、実はAちゃんがフィリピンに長く住んでいらしたことや、今もご両親があちらに住んでいらっしゃること、夏休みに久しぶりにフィリピンに里帰り(Aちゃんの言葉です)をしていらしたことを伺いました。
そして、なんとお土産にとフィリピンの絵本を2冊、持ってきてくださったのです。その2冊の絵本はフィリピンのオリジナルの出版のものです。

Mother's hands013.jpg    Two Kites012.jpg

1冊は心優しく働き者のお母さんのすがたを女の子の目を通して語ったお話、もう1冊は、初めは仲が悪かった大きな凧と小さな凧のお話でした。
仕事を終えて、夢中で読んでしまいました。
女の子とお母さんの絵本はタガログ語と英語のバイリンガル、凧のお話は絵が美しく力強い英語版でした。

2冊とも、とても素敵な絵本でした。
ご覧になりたい方は、ショップで声をかけてください。

Aちゃん、ありがとうございました。

投稿者 chizuko : 23:13

2005年09月03日

はじめまして、Tくん      洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

お母さまに抱かれて、Tくんが初めて見えました。
いつも通りがかって気にしてくださっていたとのこと。

Tくんは六ヶ月。ちょっと小柄な、目のかわいい男の子です。
木のおもちゃ、ドリオやベビーボールを見せてあげると、目を細めて、
とてもいい笑顔を返してくれました。
特にベビーボールはお気に入りに。
image374.gif
http://s-dream.ocnk.net/product-list/2

でも、そのあと見せてあげた音が出る布絵本への反応は、すごかった。
笑顔がますます大きくなって、手足をばたばたさせて喜びを表してくれたのです。
おっとりして安定感があるけれど、感情が豊かな赤ちゃんです。
上に10歳のおにいちゃんがいらして、とてもかわいがられているとうかがい、「なるほど」と、納得できました。
お母さまとの関係も会話が多くて、素敵です。

布絵本のお気に入りように、お母さまが「袋に入れないでそのまま持たせます」と、おっしゃったので、
手に持たせてあげると、絵本に頬ずりを何度も繰り返して、握り締めて帰っていかれました。

こんな出会いを見せていただけると、心がほこほこと、嬉しくなります。

投稿者 chizuko : 22:05

2005年09月02日

ついに、通信販売を開始します   洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

スタジオ・ドリーム 通信販売 開始します

ご希望、お問い合わせをいただいていた皆様、お待たせしました。
ついに通信販売をはじめます。
まず初めに、コラムでご紹介していたおもちゃから、そして、少しずつ扱いアイテムを増やしていきます。
通信販売のコーナーに載せていないものでも、ご希望、お問合せをお寄せください。
はやく充実するようにがんばります。
よろしくお願いいたします。
まだまだ未完成ですが、こちらをクリックしてください。
http://s-dream.ocnk.net

投稿者 chizuko : 23:54