« 洋書の絵本も、日本語の絵本も    洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより | メイン | 美術系の方が好きな絵本   洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより »

2005年08月18日

輝く笑顔    洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

2歳のMちゃんがお母さまと。英語教室の帰りです。
Mちゃんがこの数ヶ月夢中になっているのがブロック型のコンセプト絵本の4冊セット。
今日もカタカタにんぎょうで遊んだ後は、すぐにこの絵本に。
「読んで?」と言われて、一緒に英語で読みました。
音を聴く集中力も、口に出して言ってみようとする力も、そして、理解力もグーンと伸びているのがわかります。
それは、「めだかコース」の日本語の絵本をどんどん楽しめるようになっていくのと平行しているようです。
そして、なによりも素敵なのが、表情がとても豊かになったこと。笑顔が輝いているのです。
子どもの笑顔の輝きっていいな!と、思わずにはいられません。
大人になると、4歳ぐらいまでの記憶はほとんど無いといわれていますが、「たとえ、一つ一つの出来事を覚えていなかったり、その場の感情を言葉で説明できなくても、0歳から4歳ぐらいまでに、心から笑えた分だけ、そして輝いた笑顔になった数だけ、幸せを感じる心が育っているに違いない」と、よく幼馴染の友人たちと話していますが、イギリス人の友人もこの考えに大賛成です。
ここのショップにしょっちゅう寄ってくださる赤ちゃんやお子さまたちの笑顔は、とびきりです。
近いうちに、その笑顔の一部を皆様に公開しますね。(もちろんお母さまたちのご了解は得ています)


ほるぷこども図書館 ご紹介のページへ


洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

投稿者 chizuko : 2005年08月18日 23:35