« 木のおもちゃ、ポストボックス 第一号    洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより | メイン | きょうは、赤ちゃんに大人気の木のおもちゃ臨時カタログページです   洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより »

2005年06月19日

おもちゃとのタイムリーな出会い   洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

R君がお母さまと。先日、お求めいただいたCD付きのマザーグース絵本を喜んでくださっている様子をメールでいただいて、新たな感激をしていたところです。
このごろは、気に入った絵本をご自分から持っていらして、読み終わると、もう一度との意思表示もはっきりされるとの事でした。興味も汽車やトラックからぐんと広がり、感情もますます豊かになって、怖いものも少しずつでてきたようです。
そう、今日はいつも入り口から一目散の汽車のお絵かき絵本には走っていかなかったものね。

image005.jpg


7ヶ月のS君。布絵本やフカフカのパズル絵本も楽しんでいただきましたが、何と言っても木のおしゃぶり、ドリオには、見た瞬間から、驚くほどの熱中ぶり。
見せてあげながら、お口に入れる手前で抑えてしまうのが申し訳ないほどでした。
最後にその一番お気に入りだったドリオに決めていただいたので、ご両親にお許しを得て、すぐに手に持たせて差し上げると、待ってましたっ!とばかりにお口に。特に黄色の玉がお気に入りのようです。
それから10分以上してお店をでられてからも、お口から離さないままでした。
まさに、ぴったりのタイミングでおもちゃと出会った瞬間のお子さまの様子を目の当たりにして、ご両親も、お薦めした私も感激しました。
先週、マジックウインドウ絵本をお求めいただいたK様。気に入っていただけたとのことで、今日は別のタイトルを、妹様用にもお求め頂きました。
お客様の生の声を直接伺えるのは、とても貴重でありがたいことです。 

洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

投稿者 chizuko : 2005年06月19日 21:54