« "No, David!"、保育園へ      洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより | メイン | 久しぶりに非日常の世界から感じたこと   洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより »

2005年06月13日

本に添えられたメッセージ     洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

昨日、書ききれなかったのですが、お客様からすてきなお話を伺いました。
お嬢様が小さかったとき、本には、必ず、日付とメッセージを書かれた紙を本に貼ってから渡されたとの事。また、ご家族以外の方からプレゼントされた本にも、添えられていたカードを本に貼られていたとのことでした。
(そのお話を伺い、自分の小さかったときの事を思い出しました。ただし、私の場合は渡された全ての本にはられては、いなかったのですが・・・それは、大切な思い出の一つです)
その後、そのお嬢様が大きくなってから、全員、お気に入りの本を持参するという授業があった時、本に貼られたお母さまのメッセージをご覧になった先生が、「あなたは、とても幸せな子供時代を送ったのね」と、おっしゃったとの事。その時まで、お嬢様は、プレゼントされる本には全て、メッセージが添えられているものと思っていらしたので、逆に驚かれたとの事でした。
ロンドンや、ドイツの古書店には、メッセージが直に書かれた絵本や美しい児童文学書がたくさん置かれています。昔、しっかり作られた本はとても貴重で、大切なギフトに使われることが多かったからなのです。

私も、ここのショップで、お子さまのために絵本を求めてくださる方のために、オンリーワンメッセージを添えられる方法をずっと友人と考えていたのですが、このお話を伺って、早く実現させたいとあらためて思いました。 

洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

投稿者 chizuko : 2005年06月13日 23:10