« すてきな未来の保育士さん、2人    洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより | メイン | 0歳でも満喫!ページをめくることの楽しさ    洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより »

2005年06月04日

今日も、色々な出会いが    洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

今日は、開店と同時に引っ切り無しにお客さまが見えてくださいました。
一番乗りは、小学3年生のSちゃんが、いつものようにお祖母さまと。
英語の絵本を読むのが大好きで、開店当時から来てくれています。もう5~6冊以上読んでいて、毎回、読み終わると、感想を聞かせてくださるので、楽しみです。
先回はスティーブン・ケロッグのふしぎなおたまじゃくしの絵本"The Mysterious Tadpole"でした。
ケロッグの絵本は、奇想天外なお話が多く、絵を見ているだけでもストーリーを想像しやすいのですが、Sちゃんは、英語の絵本を読み始める前に、日本語の絵本をたくさん読んでいたとのことで、絵を読んでページを追いながら、細かなところまでストーリーを理解する力があります。
どうしても解らないところは英語の先生に教えていただくとのこと。
今日、一緒に選んだのは、CD-ROM付きの”Tiger Time for Stanley”。
いくつかのキーワードだけ、絵と日本語でちょっとヒントを。「絶対、最後まで、読むからね」と、はりきって帰っていきました。
その後、R君とお母さまが。先日お気に入りだったナーサリーライムのCD付きを買いに来てくださったのです。
そこへ、児童英語の先生をめざす学生さん2人が、はるばる遠くから来てくださいました。
私が尊敬する児童英語教育の先生の現在の教え子の方たちでしたので、児童英語教育について、色々楽しくお話をしました。とても熱心に絵本をご覧になり、未来の生徒さんたちのために”Good Night, Sleep Tight, Little Bun”と、”Let's Sing About America Sing-Along Book & Tape) ”をそれぞれ選んで行かれました。
その後何組かのお客様の後、Mちゃんがお母さまと。数日前におばあちゃまたちからプレゼントされたお気に入りのベビーキューブで毎日遊んでくださっているとのこと。そこへ1歳5ヶ月になったS君が。S君はしっかりアンヨができます。S君のアンヨを見ていたMちゃんが力み始めました。そこで後ろから支えてあげてみると、軽い支えだけで、自分の力で一生懸命前へ進みます。もうじき支えなしで本当に歩けそうです。それをS君もしっかり見つめています。子供同士のふれあいは、お互いにとても刺激的なものなのだと感動的なひとときでした。

洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

投稿者 chizuko : 2005年06月04日 21:13