« 赤ちゃんの成長に感動!     洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより | メイン | DavidとBad Cat、静岡へ     洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより »

2005年05月28日

ラッキーな出会い     洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

通りがかりにお寄りいただいたS様。英語を習っていらっしゃる4歳の姪御さん、Sちゃんのために、マジックウインドウ絵本をお求めいただきました。
Sちゃんの英語の先生は、園の同級生のお父様だそうで、イギリス人の方だとのこと。自然なコミュニケーションの中で、英語のお勉強を楽しんでいらっしゃるそうです。
とても幸運な出会いの中で、すてきな英語学習のスタートをきられたように思います。
一昨日、布の絵本をお求めいただいた5ヶ月のUちゃんが、ご両親とみえました。
さっそく、布絵本のページをご自分でめくって楽しんでくださっているとのこと。
今日はお友だちへのプレゼントにと、同じその布の絵本を、お求めいただきました。
それから木のおしゃぶり「ドリオ」も。これは、おととい見えたときに、すっかり気に入りいただいていたのです。5色の玉を目で追って、木と木がぶつかる音に興味しんしんでした。大人も眺めているだけで、美しさに心満たされますが、赤ちゃんたちは、もっともっと大きな魅力を五感で楽しんでいるのでしょう。なにしろ、「ドリオ」を見て喜ばなかった赤ちゃんが一人もいないのです。このおもちゃに出会った赤ちゃんはラッキーだと、思わずにはいられません。握って、振って、玉を引っぱって、おしゃぶりにして・・・
布絵本も、この木のおもちゃも、こんなに赤ちゃんに愛されるものを作ったデザイナーたちは、本当にすごいといつもながら、感心してしまいます。

洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

投稿者 chizuko : 2005年05月28日 01:25