« すいか、おいしかった?   洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより | メイン | レミ・チャーリップの絵本 ”I Love You”   洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより »

2005年05月20日

愛され続ける木のガラガラ、ドリオ    洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリームより

昨日、音の出る布絵本と、木のベビーボールをお求めいただいた、2ヵ月半のSちゃんがみえました。
布絵本、すっかり気に入ってくださっているとの事。
今日は、木のおしゃぶり「ドリオ」を目の近くで揺らしてあげてみたら、にこにこ!ついには小さな手が伸びました。ご機嫌な声と共に、食べたくなってしまったのか、お口も盛んに動きます。
そこへ小学2年のHちゃんとお母さまが。
絵本を選んでいらしたHちゃんにSちゃんを紹介すると、Hちゃんのお母さまも木のおもちゃが大好きで、「ドリオ」を初め、ここにあるおもちゃを幾つもお持ちだったとのこと。
「あなたは、もうおぼえていないと思うけれど・・・」と訊かれたHちゃん。「ドリオ」も、しっかり覚えていらっしゃいました。本当に大好きだったのだそうです。
今日もすてきな交流がありました。
一昨日、のっぽのイヌ、”Doggy”の着せ替え絵本がお気に入りだった2歳のA君。今日はお友だちもご一緒に。お母さまに”Doggy”のことを伺うと、「一緒に遊ぼうといったら『だめ』と言われて。どういう訳だか本棚の奥に仕舞ってしまって・・・」とのこと。ちょっと不安になった私にAくんが、同じ絵本を指しながら、「これ、ぼく、もっているんだよ、ね!」と、嬉しそうに耳打ちしてくれました。

洋書絵本と木のおもちゃの店 スタジオ・ドリーム

投稿者 chizuko : 2005年05月20日 00:31